転職決定後にやっておくべきこと

退職までの期間にやる気が出ない方におすすめなのは自身のレベルアップ

退職までの期間にやる気が出ない方におすすめなのは自身のレベルアップ
転職者
転職者
退職することが決まったら、そこから契約を取っても評価にならないし、引継ぎと事務手続きだけしておけばいいんだよね?
ポチのすけ
ポチのすけ
転職が決まってから退職するまでの期間って、なかなかやる気が出ないですよね。

 

3回の転職を経験したポチのすけ(@pochinosuke1)です。

ぼくも以前は、転職決まってから退職するまでの期間は、やる気が出なくて、疲れないように手を抜いて仕事をしていましたが、良くない過ごし方でした。

 

特に営業職の場合、退職が決まってからは、契約が評価につながらないためどうしてもやる気が起きないものです。

 

しかし、退職が決まってからの最終出社日までの期間を、

  • 評価をもらう

という視点ではなく、

  • 自分自身のレベルアップ

ととらえることで、意味のある時間にすることができます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくは以前の転職の際、退職が決まって転職するまでの間をゆっくりできる時間だと思ってだらけてしまい、転職先でうまくスタートダッシュを切れずに苦労しました。。。

 

本記事では、退職することが決まってから実際に退職するまでの間、やる気が出ない方におすすめである自身のレベルアップについて、お伝えします。

それではご覧ください。

 

退職までの期間にやる気がなくても自身のレベルアップが大切な理由

なぜ大切か?

退職するまでの間に、やる気がでなくても、自分自身のレベルアップをしておくことが大切な理由は以下の通り。

  • 次の職場で早く活躍しやすくなる
  • できることが増えると、選択肢が増えるので楽しくなるのと、年収アップにつながりやすい

 

理由①次の職場で早く活躍しやすくなる

 

社会人人生が続いていく以上、転職するたびにレベル1に戻ってしまったら、レベル上げが大変です。

また、世の中の流れが凄まじく速くなっている時代なので、日々どんどんレベルアップしていくことが求められています。

 

そのため、転職の時はレベルが上がった状態で移った方が、次の会社でも活躍しやすくなります。

 

人生をロールプレイングゲームに例えると、

転職したらゲームオーバーになり、レベル1からやり直しではなく、

『強くてニューゲーム』

と言われるような、レベルが上がった状態でコンテニューすることを目指しましょう。

 

自分のレベルを一つでも上げてから新しい職場に行くことで、強い状態で人生というゲームの再開をすることができます。

よって、次の職場で早く活躍しやすくなります。

 

理由②できることが増えると、選択肢が増えるので楽しくなるのと、年収アップにつながりやすい

 

自分自身がレベルアップすると、今までできなかったことができるようになるので、人生の選択肢がふえます。

新しい企画を出す発想力や、業績を上げるための分析する力などのレベルが上がると、転職先でも活躍しやすくなりますし、副業に活かしたりもできます。

 

また、ゆくゆく自分で事業を行う独立や、会社の中で事業を立ち上げることもできるかもしれません。

やれることが増えると、人生がより楽しくなりますし、会社の評価が上がったり、副業の成果が出たりすることで、年収アップにもつながりやすいです。

 

スポンサーリンク

退職までの期間にやる気がでなくてレベルアップしない場合どうなるか

やる気が出ない

退職するまでの間、やる気が出なくて自分自身のレベルアップをしないとどうなるかというと、

ぼくの体験ですが、自分のレベルは良くて現状維持のため、新しい職場でも成果が出るまで時間がかかりました。

 

もちろん一般的には、転職先と現職を退職することが決まったら、退職するまでの間に、

  1. 業務の引継ぎ
  2. 事務手続き

を行うことが最優先です。

 

ただ、業務の引継ぎと事務手続きの2つはとても大切ですが、退職するまでの間、単純に業務の引継ぎと事務手続きだけする日々を送ろうとすると、なかなか自身のレベルアップにつながりません。

それだけではなく、仕事に対する感覚が鈍ったり、サボりがちになるような悪い癖がつく可能性もあり、レベルが下がった状態で転職してしまうこともあり得ます。

 

もちろん、退職する人に新しい仕事を割り振ることはされないので、実践ということは難しいのもわかります。

 

そのため、自身のレベルを下げないためにも、レベルアップしようと心がけると良かったです。

 

スポンサーリンク

退職までの期間にやる気が出なくても、自身をレベルアップするメリット

メリット

退職するまでの間にやる気が出なくても、自分自身をレベルアップをするメリットは次のようなものになります。

 

  • レベルアップしようとすることで、そもそもの現在のレベルを落とさないように維持できる
  • 今まで仕事で頑張ってきた考え方や、仕事のパフォーマンスを上げるための分析、といった行動を途切れさせずに続けることができる
  • 今後も人生が続いていくので、レベルアップするとできることが増えて、選択肢が増えたり、年収が上がったりする

 

意外に感じるかもしれませんが、レベルアップしようとすると、現在のレベルを落とさないように維持できます。

また、現在のレベルにまで到達できた理由である、

  • 考え方
  • 分析

といった行動を途切れさせないようにすることができます。

 

一握りの天才は、いくらサボっても感覚が鈍らないようですが、ぼくのような平凡なサラリーマンは、レベルアップを怠るとレベルが下がることもあります。

 

ぼくは以前、退職するまでの間に手を抜きすぎて感覚が鈍ってしまい、

転職後、今までできていたことがうまくできなくなってしまった・・・

という苦い経験がありました。。

そのため、退職するまでの間でもレベルアップしようとすることで、そもそもの現在のレベルを下げないようにでき、今後が楽になります。

 

また、先ほどのお話の繰り返しにはなりますが、自分自身のレベルアップをしようとすることで、できることが増えて選択肢が増えるので、人生を楽しく過ごせるのと、年収も上がることが多いです。

 

スポンサーリンク

退職するまでの期間に自身をレベルアップする方法

LEVEL UP!

では、退職するまでの間に、自身をレベルアップする具体的な方法についてみていきましょう。

退職するまでの間に、自分自身をレベルアップするための方法は、会社の商品や営業手法について分析して改善点を自分なりに考えてみることです。

 

退職することが決まったら、仕事を引き継ぐので実務をすることはなくなります。

 

その状態でレベルアップする方法として、ぼくの場合、

現状の会社分析を客観的に行って、自分がもし今後も在籍すると仮定したら、どのような計画を立てて実行するのかということを考えることをしていました。

 

具体的には、自社商品の売り上げを伸ばすために、

  • 現状の分析
  • 今後の方向性
  • 行うべき対策
  • 対策を考えた根拠

を自分だったらこうするということを考えていました。

自分ならこうする!と考えるだけで実行しないため、無責任ですが(笑)

 

このような思考、考え方の癖をつけてレベルアップしようとしておくと、新しい会社でも計画・実行・分析・対策といういわゆるPDCAを行うことが癖づけられるので、おすすめです。

 

退職までの期間にやる気が出ない時のまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

退職までの期間は、なかなかやる気がでないものですが、業務の引継ぎや事務手続き以外に自分自身のレベルアップをするのがおすすめです。

 

自分自身のレベルアップをしておくと、以下のメリットがあります。

  • レベルアップしようとすることで、そもそもの現在のレベルを落とさないように維持できる
  • 今まで仕事で頑張ってきた考え方や、仕事のパフォーマンスを上げるための分析、といった行動を途切れさせずに続けることができる
  • 今後も人生が続いていくので、レベルアップするとできることが増えて、選択肢が増えたり、年収が上がったりする

 

具体的には、会社の商品や営業手法について分析して改善点を自分なりに考えてみることで、PDCAを行うことを癖づけることができます。

 

特に営業職の場合、どうしても退職が決まってからは自分の評価につながらないという気持ちにはなることが多いですが、自分自身のレベルを上げるという視点で過ごしてみてください。

レベルアップは働く意味を考えた時、重要になります。

働く意味の詳細記事はこちら

 

働く意味を自分の中でしっかり持つとストレスが減って主体的に動ける
働く意味を自分の中でしっかり持つとストレスが減って主体的に動ける働く意味は人それぞれですが、自分の中で働く意味をきちんと持っておくと、考えがぶれないため、ストレスが減って主体的に働けます。 本記事では、ぼくが考えている働く意味についても紹介します。 是非ご覧ください。...

 

自分のレベルを一つでも上げてから新しい職場に行くことで、強い状態で人生というゲームの再開をすることができます。

新しい職場で早めに活躍できるよう、実践してもらえると嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~