スキルアップ

自分の長所(強み)を見つけるメリットを解説。仕事でも転職でも役に立つ

自分の長所(強み)を見つけるメリットを解説。仕事でも転職でも役に立つ
悩み人
悩み人
仕事がうまくいかない。。。自分の長所って何だろう・・・

 

ポチのすけ
ポチのすけ
仕事でうまくいかなくて落ち込むことってありますよね。。経験あるのでよくわかります。

 

以前、自分に長所があるのか悩んでいたポチのすけ(@pochinosuke1)です。

仕事がうまくいかなくて、落ち込んだことも多くありました。

 

仕事でも、プライベートでもうまくいかない時は、必要以上に自分をマイナスに見てしまうことがあると思います。

ただ、そういう時こそ、自分の良いところ(長所・強み)に目を向けましょう。

 

本記事では、自分の長所(強み)を見つけて伸ばすことのメリットを解説します。

 

人間誰でも得意・不得意があるものなので、仕事でうまくいかない時など落ち込んでしまう時ほど、自分の長所(強み)を見つけることで、自信を取り戻すことができます。

また、自分の長所を見つけると、仕事だけではなくて転職でも良いアピールになるので、メリットは大きいです。

 

それでは、見ていきましょう。

 

面接対策まとめの詳細記事はこちら

【転職体験談】面接の対策まとめ。 通過のカギを握るのは準備と意識
【転職体験談】面接の対策まとめ。通過のカギを握るのは準備と意識転職の面接対策は何をやったらいいのかお悩みの方に、実際にぼくがやっていたことをまとめました。3回の転職の中で、悩みながらやってきた体験談になります。是非ご覧ください。...

 

自分の長所(強み)を見つけるメリット

 

自分の長所(強み)を見つけるとメリットが大きいです。

特に、落ち込んだ時にまず大事なのは、得意なことや長所を見つけて伸ばすこと。

自分の長所がわかれば、自信につながり、プラスのエネルギーが出てきます。

誰でも必ず長所があるので、それを見つけましょう。

 

自分の長所(強み)を見つけると、以下のようなメリットがあります。

  • 自分は「これができる・得意だ」という人材の方が、上司も仕事を任せやすい
  • 「得意なこと・強み」があると、社内からも一目置かれる人材になれる
  • 転職の際にもアピールしやすくなり、「これができる・得意だ」という人材は短所があったとしても、ほしい人材になる
  • 「得意なこと・強み」があると、プライベートでも頼りにされることになる

 

短所を直すのも大事ですが、まず一番に考えるのは、自分の長所は何なのかを把握して、それを磨くこと。

人間、自分が得意なことを伸ばす方が楽しいですし、楽しいから長所がさらに伸びやすいからです。

よって、物事が上手くいくことも多いです。

 

ぼくは、仕事で見積もりや提案資料をきちんとチェックして進めるタイプだったので、時間がかかることが多かったです。

それを仕事が遅いということよりも、細かいところまでチェックすることができる長所だと認識されたため、最終チェックを任せられる、と評価されました。

 

また、良い意味での強引さを持っているという評価をされており、営業でなかなか進まない案件を進められたり、交渉で有利になることも多く、自分は営業向きであると認識することもできました。

 

スポンサーリンク

自分の長所(強み)の例

 

自分の長所(強み)とは、

  • 資格を持っている
  • 長年培ってきたスキルがある

といったものだけではありません。

 

次のようなことも立派な長所です。

  • ヒアリングがきちんとできる
  • 気配りができる
  • 人に教えるのが上手い

など。

 

じゃあ、自分の長所ってなんだろう?

と考えたとき、例えばぼくの場合は以下のようなものでした。

  • 良い意味での強引さ

・・・お客さんに一歩踏み込んで提案できるので、他の人では成約できない案件を持ってこれるという評価をされています。
ぼくは4社経験していますが、どの会社でも上司から良い意味での強引さが長所だと言われてきました。

他にも、

  • 粘り強く交渉する力
  • 自発的にアイディアを出していくこと

なども評価されています。

 

あなたも必ず長所があります。

以下の一例に当てはまるようなら、立派な長所です。

 

  • 製品に非常に詳しい
  • 業界のことについて詳しい
  • 人脈が豊富
  • 気配りがきく
  • 丁寧に業務を行う
  • 事務処理が早い
  • 人に教えるのが得意

など。

 

長所がどのくらいのレベルなのかというのは、周りと比べてみた相対的なところがありますが、上司に聞いてみたり、面談などで話してみるとよいです。

 

ぼくは、長所もありますが、反対に短所もかなり多く改善しないといけないところも多いです。

ただ、そんな時に長所は自分の支えとなりますし、調子が悪くても立ちもどれる原点のようなものです。

 

ぼくが紹介したようなものでも立派な長所のため、一つの参考として、あなたも自分の長所を見つけて伸ばしてみてください。

自分の長所を理解すると、転職時なんかは特にアピールしやすくなります。

 

スポンサーリンク

自分の長所(強み)の見つけ方

 

自分の長所(強み)を見つけるメリットについてお話してきました。

では、実際に自分の長所(強み)をどのように見つけるかというと、ぼくは以下の3つだと思っています。

  1. 周りの人に聞いてみる
  2. 短所を逆にとらえる
  3. ツールを使う

 

周りの人に聞いたり、ツールを使うことで客観的に見ることで長所を把握できます。

また、短所を逆にとらえることで長所になることも。

 

自分一人で悩むより、周りの人やツールを使うことで自分の長所を見つけやすいので、積極的に活用しましょう!

 

長所の見つけ方については、以下の記事で詳しく解説しています。

長所の見つけ方の詳細記事はこちら

自分の長所の見つけ方。3つの方法で能力を最大限発揮しよう!
自分の長所の見つけ方。3つの方法で能力を最大限発揮しよう!仕事や転職の際、自分の長所について話すときに困らないように、体験してわかった長所の見つけ方3つをお伝えします。 自分には長所があるのだろうか。。とお悩みの方はぜひご覧ください。...

 

スポンサーリンク

自分の長所(強み)を見つけるメリットまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

自分の長所(強み)がわかれば、自信につながり、プラスのエネルギーが出てきます。

誰もが自分の長所(強み)があるので、落ち込んだ時ほど長所(強み)を見つけることで仕事や転職にうまく活かしましょう。

 

自分の長所(強み)がわかる時のメリットは以下の通り。

  • 長所を見つけて伸ばすと、仕事も任せられやすくなる
  • 長所を見つけて伸ばすと、転職の際もアピールしやすい
  • 長所を見つけて伸ばすと、プライベートでも頼りにされる
  • 長所を伸ばす方が楽しいので、おすすめ

 

自分の長所(強み)というのは、以下のようなものも立派な長所(強み)

  • ヒアリングがきちんとできる
  • 気配りができる
  • 人に教えるのが上手い

 

自分の長所がよくわからない場合、以下の3つで見つけてみましょう。

  1. 周りの人に聞いてみる
  2. 短所を逆にとらえる
  3. ツールを使う

 

自分の長所(強み)を見つけて伸ばすことはメリットが大きく、仕事でも転職でも役に立ちます

本記事をきっかけに、自分の長所を把握して伸ばしていきましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

長所の見つけ方の詳細記事はこちら

自分の長所の見つけ方。3つの方法で能力を最大限発揮しよう!
自分の長所の見つけ方。3つの方法で能力を最大限発揮しよう!仕事や転職の際、自分の長所について話すときに困らないように、体験してわかった長所の見つけ方3つをお伝えします。 自分には長所があるのだろうか。。とお悩みの方はぜひご覧ください。...

 

面接対策まとめの詳細記事はこちら

【転職体験談】面接の対策まとめ。 通過のカギを握るのは準備と意識
【転職体験談】面接の対策まとめ。通過のカギを握るのは準備と意識転職の面接対策は何をやったらいいのかお悩みの方に、実際にぼくがやっていたことをまとめました。3回の転職の中で、悩みながらやってきた体験談になります。是非ご覧ください。...