ポイント活用

楽天ポイント投資は初心者にこそおすすめ!メリット・デメリットを徹底解説

楽天ポイント投資は初心者にこそおすすめ!メリット・デメリットを徹底解説
投資初心者
投資初心者
将来が不安だから投資にも興味があるんだけど、損したくないからまずは楽天ポイント投資で始めてみたい。メリット・デメリットはなんだろう?
ポチのすけ
ポチのすけ
初めて投資をするのなら、リスクを減らしてやりたいですよね。

 

毎月、コツコツと貯めた楽天ポイントを使って投資(資産運用)をしているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

通常は現金を使って株や投資信託などを買うところ、ポイントを使っているため、実質0円で投資(資産運用)ができています。

 

日本では投資(資産運用)についての教育を行っていないこともあり、大人になってから将来のために投資をした方がいいと言われても、怖くなるのは当然。

なので、初めのうちはリスクを押さえてやりたいですよね。

 

結論から先にお伝えすると、楽天ポイント投資は初心者の方にとっておすすめの投資方法。

楽天ポイント自体、世の中にたくさんあるポイントサービスの中でも貯まりやすく、誰でも始めやすいため、投資を始めるハードルが低いです。

 

本記事では、

  • 楽天ポイント投資について
  • 楽天ポイント投資のメリット
  • 楽天ポイント投資のデメリット
  • おすすめの投資先
  • 楽天ポイント投資の実績

について、徹底解説していきます。

 

楽天ポイント投資は、楽天証券を使うため、まだ口座開設していない人はこの機会に作っておきましょう。

楽天証券の公式サイトはこちらから

楽天証券

 

楽天ポイント投資について【初心者にも簡単】

楽天ポイント投資

 

楽天ポイント投資について、簡単にご紹介します。

 

楽天ポイント投資とは

 

  • 楽天証券で投資信託や国内株を買う時に楽天ポイント(通常ポイント)で買える
  • 100ポイント=100円から投資できる
  • 一回ごとに購入するだけでなく、積立投資にも対応している
  • NISA、つみたてNISAの対象
  • 1ポイント以上使って、月500円以上投資することで、楽天SPUの対象となる

 

要は、楽天証券でポイントを使って投資信託を買えますよ、というサービスです。

投資信託とは、

超簡単に言うと、業者が運用しているパック商品。

パックの中身は色んな株などで構成されており、売買は業者がやってくれるので、投資を信じて託す(=投資信託)と覚えておきましょう。

ぼくらは、そのパック商品を選んで保有する形になります。

 

通常は投資信託や国内株を現金で買うところ、ポイントで買うことができるのが、画期的!

ポイントだと気軽に始めやすいため、投資初心者にもおすすめの方法になります。

楽天ポイント投資の始め方の詳細記事はこちら

楽天ポイント投資のやり方を画像付きでわかりやすく解説!
楽天ポイント投資のやり方を画像付きでわかりやすく解説!【2019年9月30日更新】現金同様に投資をすることができる楽天ポイント投資のやり方を図解でわかりやすく解説しています。 とっても簡単なので、ポイント投資を始めたい方は是非ご覧ください!...

 

また、投資初心者だけでなく、以下のような方にとっても楽天ポイント投資はおすすめ。

  • 特に楽天ポイントの使い道がない人
  • 投資に興味はあるが元手がない人
  • 投資に興味はあるが、お金が減るのが怖いので、リスクゼロでやりたい人

 

TRY NOW

楽天証券公式サイトへ

 

スポンサーリンク

楽天ポイント投資のメリット

メリット

 

楽天ポイント投資のメリットについてご紹介します。

メリットは以下の6つ。

 

楽天ポイント投資メリット

 

  1. 楽天ポイント自体貯まりやすいので気軽に始めやすい
  2. たかがポイントなので実質リスクゼロ
  3. 100ポイント=100円から投資できる
  4. 積立投資にも対応
  5. NISA、つみたてNISAの対象
  6. 楽天SPUの対象

 

TRY NOW

楽天証券公式サイトへ

 

メリット①楽天ポイント自体貯まりやすいので気軽に始めやすい

楽天ポイント投資のメリット1つ目は、楽天ポイント自体が貯まりやすいので気軽に始めやすいこと。

 

楽天カード・楽天ペイ・楽天Edyの支払いでポイントが貯まりますし、楽天カードなら100円で1ポイント貯まります。

さらに、楽天の色んなサービスを使うことでポイントを貯めることができ、0円でポイントを貯められる裏技もあるぐらい、簡単にポイントゲットが可能。

そのため、気軽にポイントを使って投資ができるんですね。

 

楽天ポイント貯める裏技の詳細記事はこちら

楽天ポイント貯める裏技を紹介。支払いが少なくても誰でもできる方法について
楽天ポイント貯める裏技を紹介。支払いが少なくても誰でもできる方法についてカードでの支払いや楽天市場での買い物がそこまで多くない人でも、楽天ポイントが毎月400ポイント以上貯まっていく裏技をご紹介します。 0円で誰でもできるので、楽天ポイント貯めている人は必見です!...

 

メリット②たかがポイントなので実質リスクゼロ

楽天ポイント投資のメリット2つ目は、ポイントという元々はなかったものを使って投資をするため、リスクゼロというところ。

 

現金に手をつける必要がなく、実質0円で始められます。

仮に損したとしてもポイントが減るだけなので、心理的なハードルをかなり下げて投資ができるのは大きいですね。

 

メリット③100ポイント=100円から投資できる

楽天ポイント投資のメリット3つ目は、100ポイント(100円分)から投資ができること。

最低投資額が月1,000円からとかだと始める時のハードルが上がってしまいますが、楽天ポイント投資は100ポイント(100円分)から投資ができるので、お手軽です。

100ポイントは、月1万円分の利用で貯まるので簡単に始められます。

ちなみに、投資信託は100ポイントから買えますが、国内株については各銘柄の最小買付単位によって変わります。

つまり、買いたい株の最少買付単位が10,000円の場合、10,000ポイント必要ということです。

 

メリット④積立投資にも対応

楽天ポイント投資のメリット4つ目は、積立投資にも対応しているところ。

 

楽天ポイント投資は積立にも対応しているため、都度都度買うのが面倒だという人は、何ポイント使うか設定しておけば、自動で積立してくれます。

 

手順は以下の通り。

  • 積立設定とポイント利用上限を決める
  • ポイント利用上限を超えないようにポイントから投資される
  • ポイント上限に満たなかった場合、現金で補填

 

参考までに、積立設定の具体例を記載します。

楽天証券 ポイント投資 積立設定具体例

引用:楽天証券

 

積立設定の注意点もお伝えします。

積み立て設定では、ポイント上限に満たない場合は現金から補填して積み立てる仕組みになっています。

そのため、現金は1円も使いたくないという場合は、積立設定はしないのがおすすめ。

 

買いたい時に都度ポイントを使って投資信託を買うか、毎月決まった時(月初とか月末とか)に、ある分だけポイント使って投資信託を買うようにした方がいいです。

ちなみにぼくは、積立設定はしておりません。

ポイントのみで投資している商品があるため、月初にその都度ポイントで買うようにしています。

なので、あなたがどちらのスタイルが良いかで決めてみてください。

 

メリット⑤NISA、つみたてNISAの対象

楽天ポイント投資のメリット5つ目は、NISAやつみたてNISAの対象となっているところです。

現金ではなくポイントを使っても、NISA、つみたてNISAの対象というのはお得そのもの。

非課税枠が余っている場合、是非利用しましょう。

NISA、つみたてNISAとは?

 

株や投資信託から得た利益には約20%の税金がかかるところ、年間一定金額までの投資金額に対しては税金がかからない制度です。

投資目的や商品によって、NISAかつみたてNISAのどちらかを選べます。

 

メリット⑥楽天SPUの対象

楽天ポイント投資のメリット6つ目は、楽天SPUの対象となっているところです。

楽天証券で月に1ポイント以上使用したうえで、500円分以上投資することで、楽天SPUの対象に。

楽天SPUの対象となると、楽天市場で買い物をした時にもらえるポイントが1%アップします。

楽天SPUについての詳細記事はこちら

楽天SPUとは?現実的な狙いどころはポイント還元率5~7%
楽天SPUとは?現実的な狙いどころはポイント還元率5~7%【2019年10月5日更新】楽天SPUについて、とにかくわかりやすく解説しています。 楽天SPUは最大16%還元ですが、現実的に狙えるポイント還元率やポイントを増やす裏技も合わせて紹介中! 是非ご覧ください。...

 

他の楽天SPUと違い、事前設定が必要なので、こちらの記事を見ながら設定しましょう。

楽天証券で楽天SPUの対象となるやり方の詳細記事はこちら

楽天証券で楽天SPU対象になるおすすめのやり方を紹介!ポイントをお得に貯めよう
楽天証券で楽天SPU対象になるおすすめのやり方を紹介!ポイントをお得に貯めよう【2019年9月29日更新】楽天証券で楽天SPUの対象になるおすすめの方法とやり方についてまとめています。 注意点も合わせてお伝えしているので、ぜひご覧ください。...

 

月500ポイントというのは、50,000円分を利用すればたまります。

家賃・水道光熱費・食費・日用品の支払いを楽天カードで支払うことで、月50,000円の利用はクリアできるでしょう。

どうしても500ポイントを貯めるのが難しい場合、裏技を紹介しますので、下記の方法を試してみて下さい。

楽天ポイント貯める裏技の詳細記事はこちら

楽天ポイント貯める裏技を紹介。支払いが少なくても誰でもできる方法について
楽天ポイント貯める裏技を紹介。支払いが少なくても誰でもできる方法についてカードでの支払いや楽天市場での買い物がそこまで多くない人でも、楽天ポイントが毎月400ポイント以上貯まっていく裏技をご紹介します。 0円で誰でもできるので、楽天ポイント貯めている人は必見です!...

 

スポンサーリンク

楽天ポイント投資のデメリット

デメリット

楽天ポイント投資のデメリットを紹介します。

厳密にはデメリットではないものもありますが、注意すべき点として紹介します。

 

楽天ポイント投資のデメリット
  1. ポイントとはいえ、元本割れする可能性はある
  2. SPUになるのは投資信託のみ
  3. 利用できるのは通常ポイントのみ

 

デメリット①ポイントとはいえ、元本割れする可能性はある

投資にはつきものですが、価格は上下するので時期によっては、買った時よりも値段が下がってしまい、元本割れすることもあります。

買ってからずっと右肩上がりの商品はありえないので、長期的に見て伸びていく可能性が高いものを選びましょう。

詳しくは後述します。

 

デメリット②SPUになるのは投資信託のみ

楽天ポイント投資では、投資信託も国内株も買えますが、SPUの対象となるのは投資信託のみとなります。

ポイント投資をSPUの対象としたい場合は、投資信託を購入しましょう。

投資信託は2,000種類ほどあるため、選ぶのに困ることはないです。

 

どの投資信託を買えばいいのかは、以下の記事で詳しく解説しています。

楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介
【2020年】楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介楽天証券で投資信託を買う場合のおすすめ投資信託10本を紹介しています。 投資信託を選ぶ6つの基準・根拠も解説しています。 ぜひ、ご覧ください。...

 

デメリット③利用できるのは通常ポイントのみ

楽天ポイント投資では、期間限定ポイントは利用できず、1年間の有効期限がある通常ポイントのみ利用可能です。

普段の生活で楽天カード払いをした時にもらえる1%分のポイントや、楽天のサービスでもらえる1%分のポイントが利用できるということです。

 

楽天のサービスは、利用することで期間限定ポイントをたくさんもらえますが、残念ながらポイント投資では利用できないので、注意しましょう。

 

ただ、期間限定ポイント自体は使い道が多いので、以下の記事を参考にうまく利用しましょう。

楽天の期間限定ポイントのおすすめの使い道の詳細記事はこちら

楽天の期間限定ポイントの使い道で悩んでいる方へ。4つのおすすめ方法でお得に生活しよう!
楽天の期間限定ポイントの使い道で悩んでいる方へ。4つのおすすめ方法でお得に生活しよう!楽天ポイントの中で、たくさんもらえる期間限定ポイントについて、おすすめの使い道4つを紹介しています。 意外と使い道が多いので、楽天の期間限定ポイントの使い道に悩んでいる方は是非ご覧ください!...

 

スポンサーリンク

楽天ポイントのおすすめ投資先

おすすめ

では、楽天ポイントで何に投資すればいいかをご紹介します。

ポイントは以下の通り。

  • 買いたい投資信託や好きな国内株があれば、それを買うが後悔しないのでベスト
  • アメリカ株に分散投資できる『楽天VTI』や、『e-MAXIS slim米国株式(S&P500)』に投資するのが基本路線
  • アメリカ以外にも投資したい場合、『楽天VT』など、全世界株式に投資が良い

 

大前提として、あなたが買いたい投資信託や好きな国内株があれば、それを買うのが一番納得できるため、買いたいものを買うのが一番。

特に買いたいものがない、見つからないという場合は、ぼくがやっているようにアメリカ株に分散投資できるもの買うのをおすすめします。

『楽天VTI』か、S&P500連動商品である『e-MAXIS slim米国株式(S&P500)』が良いでしょう。

 

ぼくの場合、

iDeCo(イデコ)やつみたてNISAで『楽天VTI』に投資しているため、

ポイント投資ではS&P500連動商品である『e-MAXIS slim米国株式(S&P500)』に全てのポイントを投資しています。

 

始めて投資する人が、色々な投資信託に投資するのは良いですが、ポイント(投資金額)がバラけるため2~3個にとどめておきましょう。

そもそも、投資信託自体が色んな株などの集合体なので、既に分散投資できています。

そのため、『楽天VTI』や『e-MAXIS slim米国株式(S&P500)』一つだけでも、十分です。

 

ある程度の値動きがわかったら、『楽天VTI』か『e-MAXIS slim米国株式(S&P500)』の両方、もしくはどちらかに固めるのがベスト。

アメリカ株への投資がおすすめである理由は、以下の記事で紹介しています。

アメリカ株がおすすめである3つの理由と何を買えばいいのかを初心者向けにわかりやすく解説
アメリカ株がおすすめである3つの理由と何を買えばいいのかを初心者向けにわかりやすく解説世界中に投資できる中、アメリカ株をおすすめする3つの理由とおすすめの商品を初心者向けにわかりやすく解説しています。 使うべき証券会社や実際の実績もご紹介しています。 ...

 

アメリカ株以外にも投資したいという場合は、『楽天VT』など、全世界株式に投資しましょう。

楽天証券でおすすめの投資信託については、以下の記事で紹介していますので、何を買うか迷ったら、こちらをご覧ください!

楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介
【2020年】楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介楽天証券で投資信託を買う場合のおすすめ投資信託10本を紹介しています。 投資信託を選ぶ6つの基準・根拠も解説しています。 ぜひ、ご覧ください。...

 

楽天証券の公式サイトはこちらから

楽天証券

楽天ポイント投資の実績

投資した実績

ぼくは楽天ポイント投資では、『e-MAXIS slim米国株式(S&P500)』に毎月月初に残っている全てのポイントを投資しています。

毎月更新していますので、今までの実績含め、のぞいてみて下さい。

 

楽天ポイント投資の最新実績はこちら

楽天ポイントで投資をした運用実績をブログで公開!【1年2ヶ月目】
楽天ポイントで投資をした運用実績をブログで公開!【1年2ヶ月目】楽天ポイントを使った資産運用の1年2ヶ月目の実績をご紹介します。 eMAXIS slimS&P500に投資をしています。 ただのポイントをお金に替えつつ増やしたい方は、是非ご覧ください!...

 

楽天証券の公式サイトはこちらから

楽天証券

楽天ポイント投資まとめ

 

お話ししてきたことをまとめます。

楽天ポイント投資は初心者の方にとっておすすめの投資方法。

楽天ポイント自体、世の中にたくさんあるポイントサービスの中でも貯まりやすく、誰でも始めやすいため、投資を始めるハードルが低いです。

 

楽天ポイント投資のメリットは以下の6つ。

  1. 楽天ポイント自体貯まりやすいので気軽に始めやすい
  2. たかがポイントなので実質リスクゼロ
  3. 100ポイント=100円から投資できる
  4. 積立投資にも対応
  5. NISA、つみたてNISAの対象
  6. 楽天SPUの対象

 

楽天ポイント投資のデメリット(注意すべき点)は以下の3つ。

  1. ポイントとはいえ、元本割れする可能性はある
  2. SPUになるのは投資信託のみ
  3. 利用できるのは通常ポイントのみ

 

楽天ポイント投資で買うべきおすすめ投資信託は、以下の通り。

  • 楽天VTI
  • e-MAXIS slim米国株式(S&P500)

 

楽天ポイントを使って投資をすることで、何もなかったところからお金がふえていけば嬉しいですよね。

また、投資は強い企業を選んで投資するだけで、自分の実力に関係なくお金を増やせるのが醍醐味。

ポイントで投資できれば、リスクはゼロなので、投資を始めたい人・楽天ポイントの使い道に困ってる人はすぐにでも始めましょう!

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

楽天ポイント投資のやり方を画像付きでわかりやすく解説!
楽天ポイント投資のやり方を画像付きでわかりやすく解説!【2019年9月30日更新】現金同様に投資をすることができる楽天ポイント投資のやり方を図解でわかりやすく解説しています。 とっても簡単なので、ポイント投資を始めたい方は是非ご覧ください!...
楽天ポイント貯める裏技を紹介。支払いが少なくても誰でもできる方法について
楽天ポイント貯める裏技を紹介。支払いが少なくても誰でもできる方法についてカードでの支払いや楽天市場での買い物がそこまで多くない人でも、楽天ポイントが毎月400ポイント以上貯まっていく裏技をご紹介します。 0円で誰でもできるので、楽天ポイント貯めている人は必見です!...

 

楽天証券の公式サイトはこちらから

楽天証券
楽天カードの公式サイトはこちらから