転職で失敗しない方法

ホワイト企業に入ってみてわかったメリット12個と気を付けるべきこと

ホワイト企業に入ってみてわかった メリット12個と気を付けるべきこと
サラリーマン
サラリーマン
ブラック企業の反対で、ホワイト企業ってよく聞くけど、実際の良いところってなんだろう。
サラリーマン
サラリーマン
ホワイト企業っていうと良いイメージがあるけど、実は気を付けた方がいいことってあるの?
ポチのすけ
ポチのすけ
ブラック企業についてはよく聞くことが多いかもしれませんが、ホワイト企業って実際どうなのか、具体的なところの情報って意外と少なかったりしますよね。

 

ブラック企業を2社経験したあと、ホワイト企業に転職したポチのすけ(@pochinosuke1)です。

 

本記事では、ぼくがホワイト企業に実際に入社してみてわかった、メリット12個について紹介しています。

メリットだけではなく、気を付けた方がいいことや、ホワイト企業を探す方法についても合わせて解説しています。

それではご覧ください。

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法転職が怖いと不安な方へ、転職3回のぼくの経験から失敗しないための方法を書いています。怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...

 

ホワイト企業のメリット12個

メリット

 

それではさっそく、ホワイト企業のメリット12個について、実際どうなのかを見ていきましょう。

 

メリット①労働時間が短い

まず、わかりやすいところですが、ホワイト企業は労働時間が短いです。

具体的には、以下になります。

  • 就業時間の30分前に来ていないと遅刻という扱いはない
  • 残業ありきの仕事の進め方ではない
  • お客様向けの資料作成は、就業時間内に作成する(始業時間前や定時後に作成する必要はない)

 

労働時間が短い理由は、就業時間に対する意識が違うからです。

 

朝の出勤は、基本的に10分前に会社に来ていればOKです。

仕事の始まる時間は就業時間通りに進むため、無駄に早く出勤する必要はないです。

 

また、「就業時間が働く時間」という意識のため、残業ありきで仕事を進めるようなやり方や仕事量ではありません。

ブラック企業にありがちな、

就業時間 = 営業する時間
ではなく、

 

就業時間 = 営業する時間かつ、リスト作成や資料作成、会議など仕事に関わることを行う時間

という意識を会社として持っているからです。

 

もちろん、残業がないわけではありませんが、残業を減らせるよう、営業先を効率よく回る方法や、ITの活用により効率よく働くように工夫しています。

ITの活用とは、隙間時間で商談報告が簡単にできるようなソフトを使ったり、案件の見える化ができるソフトを使って、仕事の効率を上げることです。

 

メリット②無駄な残業をする必要がない

上記の労働時間が短いと似ていますが、ホワイト企業では、付き合い残業のようなものはありません。

 

周りが帰らないから自分も帰りずらくて、とりあえず残っている、というような馬鹿げたことはありません。

上司も早く帰りたいときは早く帰っています。

 

ホワイト企業では、「定時ダッシュ」という言葉も使われますが、定時になった瞬間すぐに帰る事ができます。

これも、会社の意識の問題で、長い時間会社で仕事をしていた方が評価が上がるのでは・・・という考え方をしていると無駄に残業することになりますが、

やること終わったら帰っていいという意識であれば、無駄な残業はしなくてよいからです。

 

メリット③残業代がきちんと出る

ホワイト企業であれば、残業代がきちんと出ます。

 

ホワイト企業ではメリット①、②で

  • 労働時間が短い
  • 無駄な残業をする必要がない

とお伝えしたように、そもそもの残業が少ないですし、もし残業する時は、残業代がきちんと出ます。

残業代は1分単位で出るところが多いです。

 

ホワイト企業であっても、どうしても忙しい時は残業せざるを得ないことはありますが、サービス残業ではなく残業代が出るので安心ということです。

 

メリット④有給休暇を取りやすい

ホワイト企業は、有給休暇を取りやすいです。

 

ブラック企業だと、有給休暇を取るには冠婚葬祭でないと難しく、通常の休みを取ることはできませんでした。

 

それがホワイト企業だと、有給休暇を取るのに理由を聞かれることはなく、好きな時に取れるので、休みの予定も立てやすく、スケジュールが組みやすくなります。

 

また、1日の有給休暇だけでなく、半日休暇も取れます。

特に、午後半休は最強の有給休暇です。

ぼくがいた会社では、朝9時に来て12時まで働けば後は休みになり、午前半休よりも長く休めるので、多くの社員の方が有効活用しています。

 

また、会社によっては、有給休暇の買い取り制度があるところまであります。

 

メリット⑤体調が悪い時に休める

ホワイト企業は有給休暇を取りやすいのもあり、万が一、体調を崩してしまった時は、有給休暇と差し替える形で休めます。

 

ブラック企業では、体調が悪くても売り上げや仕事のタスクのために働かざるを得ないことがありました。

 

それがホワイト企業では、体調が悪い時に無理して働く必要がなく、上司も同僚も

「体調悪い時は休みなさい」と言ってくれて、普通に休めるため安心して働けます。

 

メリット⑥悪天候の時に社員の安全を第一に考える

最近は異常気象などで、台風や集中豪雨といった悪天候もふえています。
そういった悪天候になった時の対応に、企業の姿勢が表れます。

 

例えば台風が来るとなった時、ホワイト企業では社員がちゃんと帰宅できるように、会社として業務時間を早めに切り上げて帰宅するように促します。

ぼくも、台風が迫っている時は、15時退勤で家に帰りました。

 

また、出勤時に台風が来ている時は、自宅待機を指示して社員の安全を確保します。

ブラック企業では、交通機関が止まるまで業務は止まりませんので、対応が全然違います。

 

メリット⑦離職率が低い

ホワイト企業ではメリットが多いため、自然と離職率は下がります。

 

離職率が低いからホワイト企業というより、社員を大切にする様々な制度や社風の結果、離職率が低いという形になります。

離職率が低い企業だと、安心して働けます。

 

ブラック企業のように、離職率が高い企業だと、自分の将来はどうなるんだろう、と社員も不安になります。

 

メリット⑧オンとオフのメリハリをつけて働ける

ホワイト企業は、オンとオフのメリハリをつけて働けます。

仕事の時は仕事に集中して、休みの時は仕事のことを一切やらないといったことが可能です。

休日や休憩時間にきちんと休むことができる、労働者の権利が守られているということです。

 

具体的には・・・

ホワイト企業では、休日に会社ケータイに電話がかかってくることはありません。

 

ホワイト企業の取引先もホワイト企業のことが多く、取引先も休みの日は休んでいるという認識で動いてくれるので、安心して休めます。

特にBtoBのビジネスだと、オンとオフのメリハリを付けるケースが多いと感じます。

 

休日に平気で電話が鳴るようだと安心して休めず、落ち着きません。

休みはしっかりと休むことで、人生の充実につながるため、オンとオフのメリハリがついているのはとても大切です。

 

他には、

ホワイト企業では、昼の休憩をきちんと取れます。

12時~13時昼が休憩になっている企業が多いですが、休憩時間中に仕事のことはせず、きちんと休めます。

休憩に関しては、法律に基づき、きちんと取らないといけません。

 

労働基準法第34条1項にも記載がありますが、

  • 6時間以上8時間未満の勤務時間であれば、少なくとも45分間の休憩を取る必要があります。
  • 8時間を超える勤務なら、少なくとも1時間を越える休憩時間が必要です。

 

参照:労働基準法 第34条1項

 

ホワイト企業は、法令順守の意識があるため、きちんと休みを取れます。

 

メリット⑨社員を監視しようとしない

社員を監視しようとするのがそもそも論外なのですが、ホワイト企業では、社員に頻繁に電話をかけたり、ボイスレコーダーを持って営業させたりということをしません。

 

なんでもかんでも社員を監視するのは、社員としても気持ちがいいものではなく、逆に会社に対する不信感を持ちます。

ホワイト企業は、監視しようとするのはマイナスしかないとわかっているのでしょう。

 

メリット⑩権利を主張する前に義務を果たせと言わない

ホワイト企業では、権利を主張する前に義務を果たせとは言いません。

むしろ、有給休暇などを「社員の権利だから」と認めてくれます。

 

権利は権利として認めてくれるので、
「法律で認められていますよ!」などと、いちいちやりあわずにすみ、ストレスもたまりません。

 

メリット⑪相手に気を遣えるようになる

ホワイト企業は、会社として顧客に気を遣うことを徹底しているため、顧客の都合を考えて行動できるようになります。

 

例えば、顧客へ連絡する時間やアポの時間を、自社都合ではなく顧客の都合を考えて行えるようになります。

ホワイト企業では、具体的に以下のようなことを徹底しています。

 

  • 昼休み直前に、顧客に連絡することを避ける

・・・昼前に連絡して長引いてしまうと、自分だけでなく顧客の休み時間を奪ってしまうことになるからです。

相手の時間を奪うことを避けるために、昼休み前には連絡しないようになります。

昼休み前とは、通常、12時の10分前である11時50分になります。

もちろん、顧客によって、バラバラなこともあるため、顧客の昼休みがわかればそれに合わせる形にはなります。

  • 金曜日の遅い時間にアポを取らない

・・・金曜日の夜は次の日が休みということもあり、予定を入れている人も多いです。
そこでアポを入れてしまうと、顧客のプライベートの時間を奪ってしまうことになるからです。

遅い時間というのは、17時以降になります。

17時以降でアポを入れてしまうと、18時を回ってしまい、終了するのが遅くなるからです。

  • 顧客訪問の際、早く着いてもすぐに呼び出さない

・・・顧客との打ち合わせや商談に送れるのは厳禁なので、遅れないように早めに着くようにする方は多いと思いますが、早く着いた場合、すぐに呼び出すのはよくありません。

顧客も予定がありますし、会議室など場所の確保も時間が決まっているため、いくら自分が早く着いたからといってすぐに始めようとしても、自己中心的な印象を与えるだけになるからです。

そのため、約束の5分前に受付で連絡するのがベストです。

 

また、13時でアポを取った場合に関しては、5分前ではなく、13時ぴったりに連絡する必要があります。

1分でも早く呼び出してしまうと、顧客の昼休み時間を奪うことになるからです。

なので、昼休憩が終わる13時ぴったりに連絡すると、顧客も昼休みをきちんととることができます。

 

メリット⑫要点をまとめてわかりやすく伝える力がつく

ホワイト企業では、提案を断られないために、顧客に回りくどく伝えるようなことを行いません。

シンプルにわかりやすく顧客に伝えようとするため、「要点をまとめてわかりやすく伝える」という力がつきます。

 

また、メールのやり取りが多いため、

いかに「簡潔に要点をまとめて伝えるのか」だけでなく、

「角が立つような言い方をしない」ための訓練にもなります。

 

スポンサーリンク

ホワイト企業で気を付けるべきこと

気を付けること

 

ホワイト企業は総じて、働きやすくスキルアップもしやすい良い環境です。

その中で気を付けるべきことがあるとしたら、ホワイト企業はあまりにも恵まれた環境であるがゆえ、向上心が削がれてしまう恐れがあるということです。

 

働く意味について、きちんと向き合えている人であれば何の問題もありませんが、

そうでない場合、ぬるま湯につかっているような形になってしまい、現状維持を望むような人材になってしまいます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも、一時期は現状に慣れてしまい、現状維持を求めるようになっていました。
ポチのすけ
ポチのすけ
それではいけないと感じたため、今は再び向上心を持って日々頑張っています。

 

今の世の中は、変化が早く面白い時代なのですが、現状維持は通用しない時代だとつくづく感じます。

自分の身を守るためにも、ホワイト企業に入った場合は、向上心を失わないように気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

ホワイト企業を見つける方法

良い会社を探す方法

 

働くうえで、ホワイト企業はメリットが多いので、できる限りホワイト企業で働きたい方が多いと思います。

 

では、実際にホワイト企業を見つけるにはどうすればいいかというと、ぼくは以下の3つの方法で見つけました。

  1. 転職サイトに登録
  2. 口コミを確認
  3. 転職エージェントと面談

 

まずは、転職サイトに登録してみて、いろんな会社を見てみましょう。

おすすめ転職サイトは、dodatypeです。

 

おすすめ転職サイトの詳細記事はこちら

転職サイトのおすすめはこの2つ!幅広い求人から自分に合う会社を探そう
転職サイトのおすすめはこの2つ!幅広い求人から自分に合う会社を探そう【2019年7月12日更新】世の中に無数にある転職サイトの中で、登録するべきおすすめサイト2つを実体験から紹介します。そもそもの転職サイト探しで疲れてしまっている方は、是非ご覧ください。...

 

合わせて口コミを確認することで、会社の傾向がわかるので、ホワイト企業かどうか判断できます。

口コミサイトは、

がおすすめです。

 

詳しくは、おすすめの口コミサイトや転職サイトも見かたについては、以下の記事に詳しく書いています。

失敗しない会社の探し方の詳細記事はこちら

転職する時に会社の探し方を 失敗しないためのポイント2つ!
転職する時に会社の探し方を失敗しないためのポイント2つ!【2019年7月11日更新】転職する時の会社の探し方で失敗しないために、自身の体験からおすすめの方法2つを紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

あと、必ず行ってほしいのは、転職エージェントと面談して情報をもらうことです。

いくらホワイト企業であっても、倍率が高すぎれば入りづらいこともありますし、
自分の能力とかみ合わないと、入社しても活躍できません。

 

転職エージェントからは、

  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、情報をもとに倍率などの予測がつきます。
  • また、自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないように相談することもできるので、客観的な意見をもらうこともできます。
  • さらに、転職希望者を企業に推薦してくれますので、転職の成功率を上げるためにも、転職エージェントの活用は必須です。

 

ぼくが利用した中で、おすすめの転職エージェントは、dodatype転職エージェントです。

この2社は、転職サイトだけでなく、転職エージェントのサービスも行っています。

この2社なら間違いありません。

 

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

TRY NOW

type転職エージェントの登録はこちら(公式サイト)

 

dodaとtype転職エージェントについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!
僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!【2019年7月12日更新】転職エージェントを選ぶ時、3回の転職で実際に利用した経験から、使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...

 

スポンサーリンク

ホワイト企業のメリットまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

ホワイト企業のメリットは次の12個です。

 

  1. 労働時間が短い
  2. 無駄な残業をする必要がない
  3. 残業代がきちんと出る
  4. 有給休暇が取りやすい
  5. 体調が悪い時に休める
  6. 悪天候の時に社員の安全を第一に考える
  7. 離職率が低い
  8. オンとオフのメリハリをつけて働ける
  9. 社員を監視しようとしない
  10. 権利を主張する前に義務を果たせと言わない
  11. 相手に気を遣えるようになる
  12. 要点をまとめてわかりやすく伝える力がつく

 

ホワイト企業は総じて働きやすく、スキルアップもしやすいのでおすすめです。

ただし、あまりにも恵まれているため、自分のスキルを磨くという向上心が削がれてしまう可能性があるため、そこは注意が必要です。

 

また、ホワイト企業を見つけるためには、転職サイトへ登録したり、転職エージェントと話してみて情報収集していきましょう。

 

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

TRY NOW

type転職エージェントの登録はこちら(公式サイト)

 

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

おすすめ転職サイトの詳細記事はこちら

転職サイトのおすすめはこの2つ!幅広い求人から自分に合う会社を探そう
転職サイトのおすすめはこの2つ!幅広い求人から自分に合う会社を探そう【2019年7月12日更新】世の中に無数にある転職サイトの中で、登録するべきおすすめサイト2つを実体験から紹介します。そもそもの転職サイト探しで疲れてしまっている方は、是非ご覧ください。...

 

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!
僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!【2019年7月12日更新】転職エージェントを選ぶ時、3回の転職で実際に利用した経験から、使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...

 

失敗しない会社の探し方の詳細記事はこちら

転職する時に会社の探し方を 失敗しないためのポイント2つ!
転職する時に会社の探し方を失敗しないためのポイント2つ!【2019年7月11日更新】転職する時の会社の探し方で失敗しないために、自身の体験からおすすめの方法2つを紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法転職が怖いと不安な方へ、転職3回のぼくの経験から失敗しないための方法を書いています。怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...