投資信託

楽天カードで投資信託購入すると楽天ポイントもらえる!楽天証券が神

楽天カードで投資信託購入すると楽天ポイントもらえる!楽天証券が神

なんと!楽天カード決済で投資信託を購入すると楽天ポイントがもらえるようになります!!

2018年10月27日からスタートして、還元率は1%という破格の条件・・・!!

 

今までクレジットカードで投資信託の積み立てができたのは、9月スタートのtsumiki証券のエポスカードだけでした。

tsumiki証券は年に1回、0.1%~0.5%のポイントがもらえますが、0.5%がつくのに5年かかり、肝心の商品も高コストのアクティブファンドばっかり・・・

 

それを見てしまうと、楽天証券の楽天カードで積み立てができる内容は、まさに神!

では、内容を見ていきましょう。

 

「楽天カード決済で投資信託購入」の内容

 

楽天カードで投資信託積み立てできる

「楽天カード決済で投資信託購入」の内容は、以下になります。

  • 設定ができるのは2018年10月27日から。
  • 積立購入額の1%分の「楽天スーパーポイント」の還元を受けられる。
  • 月100円~50,000円の範囲で毎月積み立てられる。積み立ての際にはポイントも使える。
  • 2,500種類の投資信託から購入できる。
  • 毎月1日に積み立て。積み立て後の毎月27日に引き落とし。
  • NISA口座やつみたてNISA口座でも利用できる。
  • 1%分のポイントは投資信託の積み立てに回せる。

参照:楽天証券「楽天カードクレジット決済で投信積立」より

 

かなり大きいポイント付与

 

まずは、ポイント付与が大きいですね。

毎月100円の投資なら1ポイント。

毎月10,000円の投資なら100ポイント。

最大の毎月50,000円の投資なら500ポイントにもなります!

最大なら年間6,000ポイントもらえるという破格の内容です。

 

柔軟な投資金額設定

 

投資金額も柔軟です。

最小100円から始められるのがいいですね。

ポチのすけはiDeCo(イデコ)とつみたてNISAをほぼ満額かけてやっており、今はあまり余力がないのでいきなり50,000円は厳しいですが、まずは100円から始めるつもりです。

月100円でも良いので楽天カード決済で積み立てをはじめておくと、投資に慣れるので、ゆくゆく金額をふやすときにやり方がわかっているメリットがあります。

 

投資信託の種類が豊富

 

また、投資信託は2,500種類から選ぶことができるのも大きいですね。

ほぼ全部の投資信託をカバーしているので、VTIやS&P500、eMAXISシリーズなんかも全部あります。

積み立ての投資は長期運用が基本なため、高コストのアクティブファンドしかないtsumiki証券では買うものがないので困りますが、楽天証券ではその心配はありません。

 

NISAやつみたてNISAにも対応

 

この「楽天カード決済で投資信託購入」では、NISA口座やつみたてNISA口座でも利用できるんです。

つまり、利益が出た時は非課税でまるまる儲かることに。

  • iDeCo(イデコ)や楽ラップ、ジュニアNISA、法人口座は対象外なので注意しましょう。

 

楽天カード決済でもらったポイントは再投資可能

 

このポイントは期間限定ポイントではなく、通常ポイントのため、投資信託の購入に充てられます。楽天カード決済でもらったポイントを再投資に回すことで、複利効果を加速してくれますね!

 

スポンサーリンク

楽天カード決済のポイント付与は現代の錬金術

 

お金を育てる

 

資産運用の中心となる投資信託で、期待する利回りは5%前後ですが、「楽天カード決済で投資信託購入」では、そこに1%のポイントがつくという神仕様。

 

楽天証券の場合、楽天ポイントを投資信託購入に充てることもでき、楽天銀行とのマネーブリッジ連携とハッピープログラム申し込みで、投資信託の保有残高10万円ごとに4ポイントがもらえます。

 

つまり、楽天カードで投資信託購入

⇒ 1%の楽天ポイントがもらえる

⇒ 楽天ポイントで投資信託購入

⇒ 多くの投資信託が買える(投資信託の保有残高がふえる)

⇒ 投資信託の保有残高が10万円以上なら楽天ポイントが4ポイントもらえる

⇒ 楽天ポイントで投資信託購入

⇒ 多くの投資信託が買える(投資信託の保有残高がふえる)

⇒ 投資信託の保有残高がふえるため、より多くの利回りが得られる ・・・

⇒ 額がふえた状態でまた楽天カードで投資信託購入

という錬金術のようなお金の増やし方が可能ということです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「楽天カード決済で投資信託購入」についてまとめます。

  • 設定ができるのは2018年10月27日から。
  • 積立購入額の1%分の「楽天スーパーポイント」の還元を受けられる。
  • 月100円~50,000円の範囲で毎月積み立てられる。積み立ての際にはポイントも使える。
  • 2,500種類の投資信託から購入できる。
  • 毎月1日に積み立て。積み立て後の毎月27日に引き落とし。
  • NISA口座やつみたてNISA口座でも利用できる。
  • 1%分のポイントは投資信託の積み立てに回せる。

投資信託を購入するのに、楽天カード決済をするだけでここまでお得なサービスは他にありません。

神仕様である楽天証券は、年会費無料・維持費無料のため、口座を持っておいて損することはありません。

 

楽天証券の口座開設(無料)はこちら

 

また、楽天カード自体も還元率1%で使いやすいクレジットカードですし、楽天SPUでポイントが貯まりやすいため、まだ利用していない方は、この機会に作っておきましょう!

ちなみに、楽天カードは年会費無料・維持費無料です。

 

年会費永年無料の楽天カードはこちら

 

サービス自体は楽天のさじ加減で改悪される可能性があるため、先行者のtsumiki証券だけでなく、SBI証券など他の証券会社も頑張っていただき、より競争が起きることでもっと良いサービスになることを期待します。

 

楽天カード決済投資の内訳は、こちらの記事で毎月更新しています。

是非ご覧ください!

楽天カード決済投資の運用実績をブログで公開!【6ヶ月目】
楽天カード決済投資の運用実績をブログで公開!【6ヶ月目】【2019年6月3日更新】ポチのすけの楽天カード決済投資6か月目の運用実績と内訳を紹介します。金額は少ないですが、クレジットカード決済によって楽天VTIに投資しています。是非ご覧ください!...