ポイント活用

楽天証券が楽天SPUの対象に!とりあえず設定しておこう

楽天証券が楽天SPUの対象に!

ついに2018年9月3日より楽天証券も楽天SPU(スーパーポイントアップ)の対象になりました!

楽天証券でポイント投資をすることで、楽天市場での買い物でもらえるポイントが1%増えます。

楽天証券が加わったことにより、楽天SPUは最大15%の還元率になりました。

 

ただし、この楽天証券のポイント投資で楽天SPUの対象になるには、事前設定が必要です。他の楽天SPUは特に設定が必要なかったため忘れがちですが、設定は全ての人が必要なため、忘れずにやっておきましょう。

 

それでは、楽天証券のSPUの内容と設定方法について解説します。

 

楽天証券の楽天SPUの内容とは

 

楽天証券の楽天SPUの内容について

  • SPUを受けるには全ての人が事前に設定が必要

  • 1回500円以上のポイント投資(ポイントで投資信託を購入)した人
  • 毎月の獲得上限ポイントは5,000ポイント
  • ポイントが付与されるのは、楽天市場で買い物をした翌月15日頃
  • もらえるポイントは期間限定ポイント(ポイントもらった翌月末まで)

 

当然ながら、楽天証券の口座開設をしておくことが前提となっています。

楽天証券はポチのすけもiDeCo(イデコ)口座を作って運用してますし、つみたてNISA(ニーサ)のオススメ口座の1つでもあるので、この機会に口座を開設しておきましょう!

 

証券口座の開設というと敷居が高く感じるかも知れませんが、きっかけが

「楽天SPUの対象にしたい」、

「ポイント投資をしてみたい」という始め方でも全然よいと思います。

 

口座開設をしておくと、

「チャンスを逃した・・・」と後悔することが減りますので、この機会に作っておきましょう!

ネットで完結でき、最短5分で手続き完了します。

また、口座開設費無料・維持費無料のため、持っておく分には損しません。

 

TRY NOW

楽天証券公式サイトへ

 

また、iDeCo(イデコ)の始め方を例に、楽天証券の口座開設方法も解説しています。

 

楽天証券の楽天SPUですが、いつポイント投資をやるかわからない場合、忘れた頃に気づいたら損しないように、とりあえずは設定した方がいいでしょう。

 

今回の設定は、楽天証券ですでに「楽天スーパーポイントコース」を選択されている場合でも、楽天会員の会員情報連携の同意が必要なため、再度の設定が必要です。

それでは一緒に設定していきましょう。

 

スポンサーリンク

楽天証券で楽天SPUの設定方法

 

まずは楽天証券にログイン後、「設定・変更」をクリックします。

その後、「ポイント・楽天銀行連携・友達紹介」を選択します。

 

楽天証券 楽天SPU設定1

「ポイントコース」をクリック、または下にスクロールします。

 

楽天証券 楽天SPU設定2

すると、現在のSPU設定がされているかわかります。「設定状況」が「未設定」になっているかと思いますので、「利用設定する」をクリックします。

 

楽天証券 楽天SPU設定3

 

楽天会員のログイン画面が出てきますので楽天会員のID、パスワードでログインします。

楽天証券 楽天SPU設定4

 

ログインするとつぎの画面になるので、注意事項をよく読み、「同意する」をクリック。

楽天証券 楽天SPU設定5

「同意する」をクリックすると、つぎの画面が出てきますので、取引暗証番号を入力して変更をクリックします。

 

楽天証券 楽天SPU設定6

 

すると、つぎのシンプルな画面になるので、これで完了です。

 

楽天証券 楽天SPU設定7

 

最後に設定が完了したかどうか確認しましょう。

先ほどの「ポイントコース」のところを確認すると、「設定済」になっているのが確認できます。

楽天証券 楽天SPU設定8

これで完了です。お疲れさまでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今一度、楽天証券の楽天SPUについてまとめます。

  • SPUを受けるには全ての人が事前に設定が必要

  • 1回500円以上のポイント投資(ポイントで投資信託を購入)した人
  • 毎月の獲得上限ポイントは5,000ポイント
  • ポイントが付与されるのは、楽天市場で買い物をした翌月15日頃
  • もらえるポイントは期間限定ポイント(ポイントもらった翌月末まで)

 

楽天証券のポイント投資は、月500ポイントの投資が必要なため、いつ利用するかわからないことも多いと思います。

しかし、設定を忘れてしまい、ポイント投資をした時にポイント優遇が受けられないというもったいないことにならないよう、必ず設定はしておきましょう。

 

また、楽天証券の口座開設がまだ済んでいない方は、こちらから登録しておきましょう。

TRY NOW

楽天証券公式サイトへ