仕事について紹介

外壁塗装営業のメリット・デメリットについて。担当地域を駆けずり回ったぼくの体験談

外壁塗装営業のメリット・デメリットについて。担当地域を駆けずり回ったぼくの体験談
住宅リフォームに興味ある人
住宅リフォームに興味ある人
最近、家の壁や屋根を塗り替えしてるのをよく見るな。外壁塗装営業って、いいのかな?
ポチのすけ
ポチのすけ
近くの家で足場組んで塗装しているのを見ると、気になりますよね。

 

社会人になって住宅リフォーム業界で働いたポチのすけ(@pochinosuke1)です。

外壁塗装営業を2年ちょいやっていて、年数以上の濃い時間を過ごしたため、色々と知ることができました。

 

本記事では、

住宅リフォームの中でぼくが中心にやっていた外壁塗装営業のメリット・デメリットを紹介していきます。

結論から言うと、外壁塗装営業は高年収を狙いたいという方にとっておすすめの仕事です!

 

もちろん自分との相性も大事なので、興味がある方は、本記事を参考に具体的に検討いただければと思います。

それでは、ご覧ください。

 

▼外壁塗装営業への転職はこちらから!

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

外壁塗装営業のメリット

メリット

外壁塗装営業のメリットは、つぎの3つです。

  1. 成果を出すと年収がどんどん上がっていく
  2. 断られたところから契約まで持っていくスキルが身につく
  3. アクティブな人間になれる

 

メリット①成果を出すと年収がどんどん上がっていく

外壁塗装営業の最大のメリットは、成果がダイレクトに給料に跳ね返ることです。

 

1件だけの契約では大した金額になりませんが、コンスタントに月3件~5件くらい契約を取れるようになると、売り上げも安定してきて、給料にも反映されます。

また、成果を出すと昇格できるため、基本給が上がります。

 

そのため、2年目~3年目で年収が500万円~700万円くらいはざらにいます。

支店長(課長)クラスまでいくと、年収は1,000万円を超えてきます。

 

メリット②断られたところから契約まで持っていくスキルが身につく

外壁塗装営業は、断られたところから契約まで持っていくスキルが身につきます。

 

住宅リフォームの中で、外壁塗装営業は訪問販売がメインになるため、とにかく断られることがほとんど。

ただし、話の進め方次第で、断られたところから契約まで持っていけるケースもあります。

繰り返し経験を積んで、鍛えることで、お客さんへ必要性を感じさせ、契約まで持っていくスキルを身につけることができます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
つまり、人の心を動かすスキルということです。

 

ぼく自身、3回転職して4社を経験していますが、人の心を動かすスキルは、外壁塗装営業を通して身につけることができたと思っています。

他の仕事で、人の心を動かすスキルを身につけるのは難しいくらい、外壁塗装営業では人の心を動かすスキルを求められます。

 

なお、外壁塗装営業で、人の心を動かすコツは3つあり、以下の通り。

  1. 必要性
  2. 親切アピール
  3. お客さんの話を受け入れる

 

実際に外壁塗装営業でぼくがやっていたコツについては、以下の記事でくわしく解説しています。

こちらも合わせてご覧ください。

外壁塗装営業のコツの詳細記事はこちら

外壁塗装営業でうまくいく3つのコツを実際に契約を取れた経験から紹介します
外壁塗装営業でうまくいく3つのコツを実際に契約を取れた経験から紹介します外壁塗装営業で実際に契約を取っていた体験から得た、うまくいく3つのコツについて紹介しています。 住宅リフォームの中で、外壁塗装営業はなかなか契約を取るのが難しいところがあるので、悩んでいる方は参考にしてみてください。...

 

メリット③アクティブな人間になれる

外壁塗装営業は、断られても前に進むしかないため、アクティブな人間になることができます。

 

住宅リフォームの中で、外壁塗装営業は訪問販売がメインになるため、断られても断られても次に進まないと、契約が生まれることはありません。

訪問販売しかないと、自分が足を動かさなければ、まったく契約にならないためです。

そのため、以下の状況が生まれてアクティブな人間になることができます。

  1. 強制的に話しかけざるを得ない状況になる
  2. 断られても次があると思える
  3. 人の心を動かそうとする

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくは、もともとはシャイな人間でしたが、外壁塗装営業を通してアクティブな人間になれたと思います。

 

訪問販売を通してアクティブな人間になる方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

訪問販売のメリットの詳細記事はこちら

訪問販売のメリット3つ。シャイなメンタルでもアクティブになれる!
訪問販売のメリット3つ。シャイなメンタルでもアクティブになれる!気嫌いされがちな訪問販売のメリットを紹介しています。ぼく自身の体験から、人が変われるほどアクティブになれるメリットと、それに伴うデメリットを紹介しています。 自分を変えたい方は、ぜひご覧ください。...

 

スポンサーリンク

外壁塗装営業のデメリット

デメリット

外壁塗装営業のデメリットは以下の3つになります。

  1. 売れればよいが、売れないと地獄
  2. 訪問販売がメインなため、メンタルが弱い人には地獄
  3. 業務に非効率な部分が多く、長時間労働になりがち

 

デメリット①売れればよいが、売れないと地獄

メリットの裏返しになりますが、外壁塗装営業はインセンティブ要素が強いため、売れれば天国、売れなければ地獄ということです。

 

継続的な保守サービスで儲ける形ではないので、基本的には新規開拓で契約を取ってくる形になります。

つまり、月が替わるごとに売り上げゼロの状況になるということ。

見込みも先月からの続きがあればいいですが、なければ足で稼ぐしかありません。

 

なので、毎月売れるかどうか不安を抱えるのは確かです。

 

デメリット②訪問販売がメインなため、メンタルが弱い人には地獄

外壁塗装営業は、性質的に飛び込み営業などの新規開拓がメインになるため、メンタルが重要です。

断られることが多く、豆腐メンタルの方にとってはつらい仕事になります。

 

ただし、メンタルが弱くても一生懸命仕事をすることで、ぼくのようにメンタルが強くなるケースもあります。

そのため、メンタルが弱い方でも、一種の修行だと思って期間を決めて取り組むのはアリです。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくは、訪問販売を通してメンタルが強くなりました。

 

期間を決めて取り組むのであれば、良い修行になります。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

訪問販売のメリットの詳細記事はこちら

訪問販売のメリット3つ。シャイなメンタルでもアクティブになれる!
訪問販売のメリット3つ。シャイなメンタルでもアクティブになれる!気嫌いされがちな訪問販売のメリットを紹介しています。ぼく自身の体験から、人が変われるほどアクティブになれるメリットと、それに伴うデメリットを紹介しています。 自分を変えたい方は、ぜひご覧ください。...

 

デメリット③業務に非効率な部分が多く、長時間労働になりがち

外壁塗装営業は業務にアナログな部分が多く、非効率な仕事が多いです。

 

案件管理を紙でやってたりするので、整理するのに時間がかかりました。

作戦を立てるにも、どこにどの案件があるのか見つけるのに時間がかかり、長時間労働になっていました。

 

また、ぼくのいた会社はパソコンを1人1台支給されていなかったので、日報の入力なども自分のペースでできないという難しい部分もありました。

会社によっては、パソコンが1人1台支給されていると思いますので、そこでITツールを活用すれば、効率化を図れるでしょう。

 

スポンサーリンク

外壁塗装営業はこんな人におすすめ!

おすすめ

外壁塗装営業は、

  • 稼ぎたい人
  • 断られたところから契約まで持っていく営業スキルをつけたい人
  • アクティブな人間になりたい人
  • 家を綺麗にしたい人

にとって、とても向いているのでおすすめの仕事です。

 

年収や仕事の内容については、以下の記事でも紹介していますので、合わせてご覧ください。

 

外壁塗装営業の年収の詳細記事はこちら

外壁塗装営業の年収について。担当エリアを訪問しまくったぼくの体験談
外壁塗装営業の年収について。担当エリアを訪問しまくったぼくの体験談外壁塗装営業を中心とした住宅リフォーム営業の年収やメリット・デメリット・身につくスキル・やりがいなど、実際に体験したことを紹介します。 外壁塗装を中心の住宅リフォーム業界に興味がある方は、是非ご覧ください。...

 

外壁塗装営業の仕事内容の詳細記事はこちら

外壁塗装営業ってどんな仕事?内容~休日までをぼくの勤務経験から紹介
外壁塗装営業ってどんな仕事?内容~休日までをぼくの勤務経験から紹介外壁塗装営業を中心とした住宅リフォーム営業の仕事内容や、勤務時間、休日まで、実際に体験したことを紹介します。 外壁塗装を中心とした住宅リフォーム業界に興味がある方は、是非ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

外壁塗装営業に就職する方法

就職する方法

 

外壁塗装営業に就職する方法は、以下の3つ。

 

ちなみに、転職サイト転職エージェントの使い方として、おすすめの進め方は以下の通り。

おすすめの転職の進め方

  • 転職サイトを使って求人検索 ⇒ 良いと思った企業を転職エージェント経由で応募
  • 転職エージェントから紹介してもらう ⇒ 良いと思った企業を転職エージェントの依頼して応募

 

転職サイト転職エージェントも、両方使うのがベストではありますが、転職時には両方とも使う時間がないこともあると思うので、少なくとも転職エージェントは利用しましょう。

 

おすすめは、多くの求人をカバーしているdodaです。

外壁塗装営業の場合、dodaであれば求人も多いため、見つけやすくなっています。

求人状況は刻一刻と変わるので、興味があれば最新情報を仕入れるためにも、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

dodaがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

転職エージェントのおすすめ2つ!僕が3回の転職で使って本当に良かったものを紹介
転職エージェントのおすすめ2つ!僕が3回の転職で使って本当に良かったものを紹介【2019年10月22日更新】転職エージェントを選ぶ時、3回の転職で実際に利用した経験から、使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。 業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...

 

また、合わせて、絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

ホームページや求人情報だけでは、ブラック企業かどうか判断することが難しいためです。

可能であれば応募する企業は、一度口コミを確認しましょう。

※時間がなくて厳しい時は、少なくとも書類が通った企業については、面接前に口コミを確認する形で対応しましょう。

 

口コミを利用した会社の探し方については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

口コミを使った会社の探し方。今よりいいところを見つけよう!
口コミを使った会社の探し方。今よりいいところを見つけよう!【2019年10月23日更新】口コミを利用した会社の探し方を紹介しています。 転職で失敗しないために、口コミの利用は必須だど考えており、ぼくが使っていた口コミサイトもお伝えしています。 是非、ご覧ください。...

 

外壁塗装営業のメリット・デメリットまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

外壁塗装営業は、高年収を狙いたいという方にとっておすすめの仕事です!

外壁塗装営業のメリットは、つぎの3つ。

  1. 成果を出すと年収がどんどん上がっていく
  2. 断られたところから契約まで持っていくスキルが身につく
  3. アクティブな人間になれる

 

外壁塗装営業のデメリットは以下の3つになります。

  1. 売れればよいが、売れないと地獄
  2. 訪問販売がメインなため、メンタルが弱い人には地獄
  3. 業務に非効率な部分が多く、長時間労働になりがち

 

住宅リフォームの中で、外壁塗装営業に興味がある人にとって、参考になれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

外壁塗装営業の年収の詳細記事はこちら

外壁塗装営業の年収について。担当エリアを訪問しまくったぼくの体験談
外壁塗装営業の年収について。担当エリアを訪問しまくったぼくの体験談外壁塗装営業を中心とした住宅リフォーム営業の年収やメリット・デメリット・身につくスキル・やりがいなど、実際に体験したことを紹介します。 外壁塗装を中心の住宅リフォーム業界に興味がある方は、是非ご覧ください。...

 

外壁塗装営業の仕事内容の詳細記事はこちら

外壁塗装営業ってどんな仕事?内容~休日までをぼくの勤務経験から紹介
外壁塗装営業ってどんな仕事?内容~休日までをぼくの勤務経験から紹介外壁塗装営業を中心とした住宅リフォーム営業の仕事内容や、勤務時間、休日まで、実際に体験したことを紹介します。 外壁塗装を中心とした住宅リフォーム業界に興味がある方は、是非ご覧ください。...