スマホ決済

LINE PayとLINE Payカードの違いを知る事で便利にお得に買い物できる!

LINE PayとLINE Payカードの 違いを知る事で 便利にお得に買い物できる!
スマホ決済に興味ある人
スマホ決済に興味ある人
LINE Pay(ラインペイ)とLINE Pay(ラインペイ)カードってどう違うの?
スマホなのかカードなのかの違いだけなのかな?
ポチのすけ
ポチのすけ
キャンペーンで対象になったりならなかったり、よくわからないですよね。。

 

LINE Pay(ラインペイ)とLINE Pay(ラインペイ)カードの違いに混乱していたポチのすけ(@pochinosuke1)です。

LINE Pay(ラインペイ)についてあらためて調べていたら、LINE Pay(ラインペイ)カードというものがあるのがわかったため、どう違うのか、違いがあればどっちがお得なのか、調べてみました!

 

最初に結論をお伝えすると、LINE Pay(ラインペイ)カードはLINE Pay(ラインペイ)の支払い方法の1つのため、どちらがお得なのかというより、使い道によって両方使いこなすのが良さそうです。

 

LINE Pay(ラインペイ)とLINE Pay(ラインペイ)カードを両方使いこなすと、支払える店舗が大幅にふえて、お得にポイントをためられます。

それではご覧ください。

 

LINE PayとLINE Payカードの違い

違い

 

LINE Payはスマホ決済サービスの一つで、LINEアプリを持っていて事前にチャージしておけば、お店で買い物をするときの支払いで使えたり、オンライン決済ができたり、LINEの友達に送金できるサービスです。

 

LINE Payカードは、LINE Payの支払い方法の1つで、プリペイドカードになります。
実物のカードと、LINE Payのアカウントを発行すると利用できるバーチャルカードの2通りがあります。

 

LINE PayとLINE Payカードの一番の違いは、

  • LINE Payはサービスそのものである
  • LINE PayカードはLINE Payの支払い方法の1つである

という点です。

 

LINE Payに興味ある人
LINE Payに興味ある人
じゃあ、サービスそのものであるLINE Payを使えばいいじゃん!

と感じる方もいると思います。

 

実はLINE Payだけだと、利用できる範囲が狭まってしまい、メリットを最大限享受できません。

そのため、LINE Payの支払い方法の1つであるLINE Payカードも合わせて利用することで、LINE Payのメリットを最大限発揮できるのです。

 

スポンサーリンク

LINE Payの特徴

特徴はコレ!

 

LINE Payは、スマホ決済サービスの一つで、LINEアプリを持っていて事前にチャージしておけば、お店で買い物をするときの支払いで使えたり、オンライン決済ができたり、LINEの友達に送金できるサービスです。

 

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

LINE Payの詳細記事はこちら

LINE Payの特徴とメリットを知る事で 便利にお得に買い物できる!
LINE Payの特徴とメリットを知る事で便利にお得に買い物できる!スマホ決済サービスの1つである、LINE Pay(ラインペイ)の特徴・メリット・利用できるお店について紹介しています。 便利なサービスのため、ぜひご覧ください。...

 

スポンサーリンク

LINE Payカードの特徴

特徴

 

LINE Payカードは、LINE Payの支払い方法の1つで、JCBのプリペイドカードになります。

LINE Payカードは、クレジットカードのように思われがちですが、あくまで事前にチャージする必要があるプリペイドカードです。

チャージすると、LINE Pay残高として反映されます。

 

LINE Payカードの特徴とメリットは以下になります。

 

  1. JCB加盟店や主要オンラインショップで使える
  2. 入会金や年会費無料
  3. リアルカードとバーチャルカードがある
  4. 未成年や学生でも利用可能
  5. カードの申し込みや発行がスマホからできる
  6. カードのポイント還元率が最大2%

 

特徴①JCB加盟店や主要オンラインショップで使える

 

LINE Payカードの大きな特徴として、LINE PayカードはJCBのプリペイドカードとなっているため、JCBの加盟店であればどこでも利用でき、オンラインショップ(Amazon、楽天市場、Yahooショッピングなどで)でも使うことができるようになっています。

 

この利用店舗の多さが、LINE Payの弱点をカバーするものとなっています。

LINE Payでは支払えないけれど、LINE Payカードなら支払える店が多いというのがLINE Payカードの最大のメリットです。

 

特徴②入会金や年会費無料

 

LINE Payカードは、手数料や年会費無料のため、気軽に使えるようになっています。

とりあえず発行するだけでもお金が減ることはないので安心ですね。

 

特徴③リアルカードとバーチャルカードがある

 

LINE Payカードには2種類あり、リアルカードとバーチャルカードがあります。

 

リアルカード

・・・実物のカード。(発行に2週間ほどかかる)

 

バーチャルカード

・・・LINE Payが発行するオンライン専用のプリペイドカード。LINE Payに残高をチャージすることで利用できる。(LINE Pay上で住所などアカウントの登録をするだけで1分もかからず発行できるため、即日利用可能。)

 

今まで、実物のカードはコンビニからでも買えましたが、現在はスマホからのみ買うことができます。

 

特徴④未成年や学生でも利用可能

 

クレジットカードではないので、未成年の学生にも持たせられます。
親御さんがお子さんにカードを持たせる際、チャージ分以上は利用できないので、安心ですね。

 

特徴⑤カードの申し込みや発行がスマホからできる

 

LINE Payカードは、申し込みに書類が不要で、LINEアプリ内から発行できます。
2週間ほどで手元に届きます。

 

特徴⑥カードのポイント還元率が最大2%

 

LINE Payカードは、支払いをしたときにLINE Payのポイント還元を受けることができます。

その時のポイント還元率が最大2%なのですが、還元率はマイカラープログラムという決済額に応じたポイント還元プログラムによって変わります。

 

マイカラープログラムは以下のようになっています。

マイカラープログラム

 

グリーン・・・2%
⇒決済金額が月10万円以上が対象

 

ブルー・・・1%
⇒決済金額が月5万円~9万9,999円が対象

 

レッド・・・0.8%
⇒決済金額が月1万円~4万9,999円が対象

 

ホワイト・・・0.5%
⇒決済金額が月0円~9,999円が対象

 

スポンサーリンク

LINE PayとLINE Payカードはどのように使うとお得なのか

お得な使い方

 

LINE Payは出金や送金でも利用できるため、そのような用途で利用しつつ、LINE Payで支払えるところで使いましょう。

ローソンやスターバックスなどでも使えます。

 

LINE Payカードは、JCBが使える店舗であれば利用できるのと、主要なオンラインサービス(Amazon、楽天市場、Yahooショッピングなどで)で利用できるため、LINE Payで支払いができないところで使うのが良いです。

 

特にLINE Payでは、よくポイント還元キャンペーンをやっており、LINE Payカードが対象となっているものも多いです。

 

LINE PayとLINE Payカードの違いまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

LINE PayとLINE Payカードの一番の違いは、

  • LINE Payはサービスそのものである
  • LINE PayカードはLINE Payの支払い方法の1つである

という点です。

 

LINE Payカードは、LINE Payの支払い方法の1つで、JCBのプリペイドカードになります。
LINE Payカードの特徴とメリットは以下になります。

 

  1. JCB加盟店や主要オンラインショップで使える
  2. 入会金や年会費無料
  3. リアルカードとバーチャルカードがある
  4. 未成年や学生でも利用可能
  5. カードの申し込みや発行がスマホからできる
  6. カードのポイント還元率が最大2%

 

LINE Payの支払い方法の1つであるLINE Payカードを合わせて利用することで、
LINE Payのメリットを最大限発揮できます。

 

 

LINE Payはよくポイント還元キャンペーンをやっており、LINE Payカードも対象になることが多いので、よく見ておきましょう。

ぼくも情報発信していきます。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~