スマホ決済

LINE Payの特徴とメリットを知る事で便利にお得に買い物できる!

LINE Payの特徴とメリットを知る事で 便利にお得に買い物できる!
スマホ決済に興味ある人
スマホ決済に興味ある人
LINEはよく使ってるけど、最近広告でも見かけるLINE Pay(ラインペイ)ってお得なのかな?
ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくもLINEは使ってるので知ってましたが、LINE Pay(ラインペイ)については東京ドームでやっていたふるさと祭りで出店していたのを見て、初めて知りました。

 

買い物ではスマホ決済をよく使っているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

今回、多くの方が利用しているLINEのサービスであるLINE Pay(ラインペイ)について、どんなサービスなのかあらためて調べてみました!

 

LINE Pay(ラインペイ)は、LINEアプリを持っていれば使える「スマホのおサイフサービス」です。

 

提携しているサービスやお店で買い物ができるだけでなく、LINEの友達同士での割り勘・送金もスマホだけで行えるサービスです。

 

本記事では、LINE Pay(ラインペイ)がどのようなサービスなのか、メリットや使えるサービス・お店はどこなのか、ご紹介していきます。

それではご覧ください。

 

LINE Payの特徴

特徴はコレ!

 

冒頭でもお伝えしたので繰り返しにはなりますが、LINE Pay(ラインペイ)はスマホ決済サービスの一つです。

 

LINEアプリを持っていて事前にチャージしておけば、お店で買い物をするときの支払いで使えたり、オンライン決済ができたり、LINEの友達に送金できるサービスです。

 

具体的にはLINEの中にあるウォレット(サイフの意味)の中にあるお金をLINE Pay(ラインペイ)で支払う形になります。

そのため、事前にチャージする必要があるプリペイド式だということです。

 

そのため、

  • 支払いに時間をかけたくない
  • 小銭を出すのが面倒
  • 財布を持つのが面倒
  • ポイント欲しい
  • 使いすぎないためにプリペイド式(事前にチャージする形)がいい

という方にぴったりな、お得で便利に買い物ができるサービスです。

 

では、LINE Pay(ラインペイ)の特徴をさらに掘り下げてみましょう。

 

利用前の準備は2つ

 

利用前の準備は次の2つです。

  1. LINEのアカウントとパスワード設定
  2. 本人確認(銀行口座の登録)

 

LINEのアカウント登録と言っても、

LINEアプリから「ウォレット」
⇒「LINE Payをはじめる」
⇒新規登録で「すべてに同意」をタップ

するだけで完了します。
その後、パスワード設定をしておきましょう。

 

本人確認については、しなくても利用はできるのですが、利用に制限があるため、登録しておいた方がよいです。

本人確認は銀行口座登録をすることで完了します。

 

  • 本人確認登録をする前は、「LINE Cash」というアカウントの状態です。
  • 本人確認をしたあとは、「LINE Money」というアカウントの状態です。

 

2種類のアカウントについて

 

LINE Cash

  • 友達へ送金できない
  • 出金できない
  • LINE Payカード決済上限が1回あたり10万円
  • チャージできる金額が1回あたり10万円
  • 残高の上限は10万円

 

LINE Money

  • 友達への送金や銀行への出金などの制限がなく、全機能を使える
  • LINE Payカード決済上限が1回あたり100万円
  • チャージできる金額が1回あたり100万円
  • 残高の上限は100万円

 

 

お金をチャージする方法は6つ

 

LINE Payでお金をチャージする方法は6つです。

 

  1. 銀行口座(手動チャージかオートチャージ)
  2. セブン銀行ATM
  3. QRコード/バーコード
  4. LINE Payカードレジチャージ
  5. コンビニ
  6. VISAカードからチャージ(今後)

 

一番便利なのは銀行口座になるため、銀行口座を登録して使うのがおすすめです。
銀行口座は、3メガバンクや、ゆうちょ銀行、りそな銀行、地方銀行多数で登録できます。

 

LINE Payカードでは、セブン銀行ATMやローソンのレジでチャージ可能です。
コンビニではFamiポートでチャージ可能です。

クレジットカードからLINE Payにチャージすることはできません。
誤解されがちなのですが、気を付けましょう。

 

※追記

2019年6月6日に、LINE PayとクレジットカードのVISAが提携すると発表がありました。

今後、VISAカードからお金をチャージできるようになる予定とのことで、もっと使いやすくなることが期待されます。

 

利用料金無料

 

LINE Payの利用料金ですが、アプリインストール、チャージ、利用などすべて無料です。
手数料がかかったりすることもないので、安心です。

 

LINE Payで決済する方法4つ

 

LINE Payで決済する方法は以下の4つです。

  1. QRコード決済
  2. オンライン決済
  3. 請求書支払い
  4. LINE Payカードで支払い

 

QRコード決済は、LINE PayのQRコードをレジで読み取ってもらう方法と、レジで表示されたQRコードを読み取る方法があります。

 

オンライン決済、請求書支払いは、対応しているお店やサービスで支払えます。

 

LINE Payカードは、JCBのプリペイドカードになります。

事前にチャージすることで利用することができます。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

LINE PayとLINE Payカードの 違いを知る事で 便利にお得に買い物できる!
LINE PayとLINE Payカードの違いを知る事で便利にお得に買い物できる!スマホ決済サービスの1つである、LINE Pay(ラインペイ)の支払方法の一つであるLINE Pay(ラインペイ)カードの特徴・メリット・利用できるお店についてわかりやすく紹介しています。...

 

個人間で送金ができる

 

LINE Payは、LINEの友達に簡単にお金を送ることができます。

送金の際、手数料無料のため、銀行振込よりも手軽です。

 

LINE Payでは、

  • 送金(お金を送る)
  • 送金依頼(お金を送ってと頼む)

の2つの使い方があります。

 

どちらもLINE Payアプリ上で行えます。

  • 送金の場合は、LINE Payの「送金」から金額と送る友達を選ぶだけで送れます。
  • 送金依頼の場合は、LINE Payの「送金依頼」から金額と依頼する友達を選ぶだけで依頼できます。

 

  • 送金できる上限は1日10万円まで
  • 友達がLINE Payを使っていない場合、登録→本人確認→入金する手間がかかるので、事前にLINE Payを使っているかどうか、本人確認を済ませているかどうか(送金機能が使えるかどうか)の確認をしておくとスムーズ

 

飲み会などでの割り勘も可能

 

LINEの友達同士なら、簡単に割り勘ができるため、飲み会の時に千円札を崩して準備する必要がない、という大きなメリットがあります。

 

例えば、「1人4,000円ね」と言われた時、

「ごめん、万札しかないわ」となると、両替したりしないといけないため、会計に時間がかかりますよね。

 

そうならないために、あらかじめ1万円札を崩しておく必要があるのですが、意外と面倒です。

ポチのすけ
ポチのすけ
1万円札を崩したいがために、買うつもりはなかったジュースを買ったことは過去何度もありました。。

 

LINE Payなら、そんな心配はいらず、気軽に飲み会を楽しめます!

 

  1. 割り勘をする時は、代表として支払いをする人が割り勘グループを作り、支払う方は代表者の画面からQRコードを読み取って割り勘グループに参加します。
  2. 支払う方はLINE Pay残高で支払うか、現金で支払います。
  3. LINE Payの残高から支払える方が便利なので、割り勘をする場合は、本人確認をしておきましょう。
  4. みんなが参加した後は、支払い方法を選んで支払います。

 

LINE Pay残高を現金に換金可能

 

LINE Payの残高は、銀行口座に入金したり、セブン銀行のATMから引き出すことができます。

自由に出金して現金としても使えるというのは便利ですが、注意点があります。

※LINE Payでは「設定」 ⇒ 「出金」から行います。

 

 

銀行口座に入金するときの注意点

  • LINE Payにおける本人確認が必要(銀行口座登録をすれば完了する)
  • 手数料216円がかかる(LINE Pay残高が、銀行口座に入れる金額+手数料216円は最低でも必要)
  • 銀行口座に入金するのは1円から可能だが、その場合も 手数料216円がかかる
  • 銀行が開いている時(平日9時~15時)しか入金できない
  • 入金できるのは1日10万円まで

 

 

セブン銀行のATMから引き出すときの注意点

  • LINE Payにおける本人確認が必要(銀行口座登録をすれば完了する)
  • 手数料216円がかかる(LINE Pay残高が、セブン銀行のATMから引き出す金額+手数料216円は最低でも必要)
  • セブン銀行ATMの最低出金額が1,000円のため、手数料と合わせた1,216円がLINE Pay残高にないと現金として引き出せない
  • セブン銀行ATMで引き出せるのは、1日10,000円まで

 

手数料が高いため、コツコツためたLINE Payのポイントが一撃で吹き飛んでしまう恐れもあるので、基本的には使わず、いざというときだけ使うのがよさそうだと感じます。

 

LINE Payカードがある

 

LINE Payには、LINE Payカードというものもあります。

簡単に言うと、LINE Payカードは、LINE Payの機能をカードとして利用できるプリペイドカードになります。

LINE Payカードについては、以下の記事をご覧ください。

LINE PayとLINE Payカードの 違いを知る事で 便利にお得に買い物できる!
LINE PayとLINE Payカードの違いを知る事で便利にお得に買い物できる!スマホ決済サービスの1つである、LINE Pay(ラインペイ)の支払方法の一つであるLINE Pay(ラインペイ)カードの特徴・メリット・利用できるお店についてわかりやすく紹介しています。...

 

スポンサーリンク

LINE Payのメリット

メリット

 

LINE Payのメリットは以下になります。

LINE Payのメリット

 

  1. スマートフォンだけで支払いが完結する
  2. アプリインストール・支払方法登録・チャージ・利用すべて無料
  3. 支払額に応じてLINEポイントがたまる
  4. LINE Payカードも利用することで、支払える先が大幅にふえる
  5. プリペイド式なので、お金の使いすぎを心配しなくていい
  6. 個人間でお金を送金、割り勘ができる

 

メリット①スマートフォンだけで支払いが完結する

 

1番のメリットは、スマホだけで支払いが完結することでしょう。

アプリインストール、支払方法登録、チャージ、支払いまですべてスマホでできるので、面倒な手続きは必要ありません。

支払も、現金払いだと、端数を出したり、小銭を処理したり、色々面倒です。

クレジットカードは、まれにうまく読み込めないことがあるのと、署名をする必要がある店もあるため、多少の手間がかかります。

 

LINE Payだと、アプリを開いてQRコードをスキャンしてもらうだけなので、即終了です。

LINE Payが使える店に行くときは、財布やクレジットカードを持ち歩く必要がないので、買い物が楽チンです。

 

メリット②アプリインストール・支払方法登録・チャージ・利用すべて無料

 

アプリインストール・支払方法登録・チャージ・利用すべて無料なので、利用するのに手数料を気にすることはありません。

また、メリット⑥にもでてくる個人間送金をする時の送金手数料も無料です。
送る側も受け取る側も手数料がかからないので、銀行口座振り込みよりも気軽に送金できます。

 

メリット③支払額に応じてLINEポイントがたまる

 

LINE Payで支払うメリットは、LINE ポイントという形でキャッシュバックがあることでしょう。

 

前月20日までの1ヶ月の利用額に応じて、翌月に貯まるポイントが変わるマイカラープログラムという決済額に応じたポイント還元プログラムによって、LINE ポイントがたまります。

たまったポイントは、LINE Payでの支払いに利用できるだけでなく、nanacoやAmazonギフト券に交換することも可能です。

 

ただし、nanacoやAmazonギフト券への交換はレートが悪く、損してしまうので、たまったポイントはLINE Payでの支払いに利用するのが一番です。

 

以前は「LINE Money」アカウントでも銀行口座を登録していない人はポイントが貯まりませんでしたが、2018年8月からは銀行口座を登録していない「LINE Cash」でもポイントが貯まるようになっています。

 

マイカラープログラムは以下のようになっています。

マイカラープログラム

 

グリーン・・・2%
⇒決済金額が月10万円以上が対象

 

ブルー・・・1%
⇒決済金額が月5万円~9万9,999円が対象

 

レッド・・・0.8%
⇒決済金額が月1万円~4万9,999円が対象

 

ホワイト・・・0.5%
⇒決済金額が月0円~9,999円が対象

 

 

メリット④LINE Payカードも利用することで、支払える先が大幅にふえる

 

LINE Payには、LINE Payカードというものもあります。

簡単に言うと、LINE Payカードは、LINE Payの機能をカードとして利用できるプリペイドカードになります。

JCBが使える店舗ならどこでも使えるため、支払える先が大幅にふえるのが大きなメリットです。

LINE Payカードについては、以下の記事をご覧ください。

LINE PayとLINE Payカードの 違いを知る事で 便利にお得に買い物できる!
LINE PayとLINE Payカードの違いを知る事で便利にお得に買い物できる!スマホ決済サービスの1つである、LINE Pay(ラインペイ)の支払方法の一つであるLINE Pay(ラインペイ)カードの特徴・メリット・利用できるお店についてわかりやすく紹介しています。...

 

メリット⑤プリペイド式なので、お金の使いすぎを心配しなくていい

 

LINE Payはプリペイド式のため、お金の使いすぎを心配する方にこそ、おすすめの支払い方法です。

クレジットカードとは違い、年齢制限もないため、未成年の学生にも持たせられます。

親御さんがお子さんにカードを持たせる際、チャージ分以上は利用できないので、安心ですね。

 

メリット⑥個人間でお金を送金、割り勘ができる

 

LINE Payは、LINEの友達に簡単にお金を送ることができます。
また、飲み会などでの割り勘もできます。

ともに、手数料無料のため、銀行振込や現金での割り勘よりも手軽です。

  • 送金できる上限は1日10万円までです。
  • 友達がLINE Payを使っていない場合、登録→本人確認→入金する手間がかかるので、事前にLINE Payを使っているかどうか、本人確認を済ませているかどうか(送金機能が使えるかどうか)の確認をしておくとスムーズです。
  • LINE Pay残高には必要な金額を入れておきましょう。

 

スポンサーリンク

LINE Payが使えるお店

使えるお店

 

LINE Payでは、以下の支払い方法によって、使えるお店が変わります。

  • スマホのLINE Pay
  • LINE Payオンライン決済
  • 請求書払い
  • オンライン決済専用のLINE Payカード(バーチャル)
  • 実物のLINE Payカード

 

LINE Payカードと併用すると、支払える先が格段にふえますので、それぞれの支払い方法をご覧ください。

 

スマホのLINE Pay

 

コンビニ

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ポプラ

 

ドラッグストア

  • ウェルシア
  • Tomod’s
  • サンドラッグ
  • ココカラファイン
  • ツルハ
  • くすりの福太郎

など

 

飲食店

  • 松屋
  • 上島珈琲店
  • スターバックス
  • モンテローザグループ(魚民、白木屋、千年の宴、笑笑、山内農場、目利きの銀次など)
  • 金の蔵
  • 焼肉万里
  • アカマル屋
  • ワタミグループ(和民、ミライザカなど)

など

 

交通

  • MKタクシー

など

 

家電量販店

  • ビッグカメラ
  • コジマ
  • ケーズデンキ
  • エディオン
  • ジョーシン

など

 

ファッション

  • ラコステ
  • Right-on

など

 

メガネ・コンタクト

  • メガネドラッグ
  • メガネスーパー

など

 

その他

  • 阪神百貨店
  • 阪急百貨店
  • ゲオ
  • BIG ECHO
  • LOFT
  • カメラのキタムラ/スタジオマリオ
  • アクアシティお台場
  • ミュゼプラチナム

など

参照:LINE Payホームページより

 

LINE Payオンライン決済

 

  • ZOZOTOWN
  • ラクマ
  • 出前館
  • ミュゼプラチナム

など

 

参照:LINE Payホームページより

 

請求書払い

 

  • 東京電力
  • 東北電力
  • 九州電力
  • ZOZOTOWN
  • 東京ガス株式会社

など

 

参照:LINE Payホームページより

 

オンライン決済専用のLINE Payカード(バーチャル)

 

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahooショッピング

など

 

実物のLINE Payカード

 

  • JCB加盟店3,300万店舗(2017年3月時点)

 

スポンサーリンク

LINE Payの利用方法

LINE Payのやり方

 

LINE Payの利用方法ですが、利用する前にあらかじめやることは以下の3点です。

  1. LINEのアカウントとパスワード設定
  2. 本人確認(銀行口座の登録)
  3. お金をチャージ

 

LINEのアカウント登録と言っても、

 

LINEアプリから「ウォレット」

⇒「LINE Payをはじめる」

⇒新規登録で「すべてに同意」をタップ

するだけで完了します。

 

 

その後、パスワード設定をしておきましょう。

 

本人確認については、しなくても利用はできるのですが、利用に制限があるため、登録しておいた方がよいです。

 

また、LINE Payはプリペイド式のため、必ずお金をチャージしておきましょう。

 

LINE Pay利用可能な店舗で、買い物をする時は、以下のように行います。

①「ラインペイで」といって支払い。(言うのが恥ずかしい場合は「支払いはコレで」と言ってLINE Pay画面を見せればOKです)

 

②店員さんにLINE PayのQRコードを見せる

 

③店員さんがLINE PayのQRコードをピッと読み取り

 

④支払い完了

 

LINE Payでは、店のQRコードを読み込んで支払うことも可能です。
やりやすい方法で行いましょう。

 

LINE Payのデメリット

デメリット

 

とても便利なLINE Payですが、デメリットもあります。

 

デメリットは以下の3点です。

LINE Payデメリット
  1. 支払えるお店が少ない
  2. プリペイド式が面倒な人には大変
  3.  LINE Payと LINE Payカードがまぎらわしい

 

デメリット①支払えるお店が少ない

 

LINE Pay自体が、まだ新しいサービスということもあり、使えるお店は多くはありません。

ただ、順次拡大しているのと、個人のお店にも入ってきているので、今後に期待しましょう!

 

デメリット②プリペイド式が面倒な人には大変

 

メリットの裏返しですが、クレジット払いに慣れている人は、プリペイド式が煩わしく感じる方もいるかもしれません。

その場合は、オートチャージの設定をしておき、設定した金額以下になったら自動でチャージする設定にしておきましょう。

オートチャージあるあるですが、使いすぎには注意しましょう。

 

デメリット③ LINE PayとLINE Payカードがまぎらわしい

 

LINE Payには、支払方法の1つとして、LINE Payカードがあります。

ぼくも当初、LINE PayとLINE Payカードの違いがよくわからず混乱しました。

 

LINE PayとLINE Payカードは支払えるお店が違うのがまぎらわしいところです。

 

また、LINE Payカードには、

  • LINE Pay内に作成されるバーチャルカード
  • 実物のLINE Payカード

の2つがあるため、よりややこしくなっています。

 

LINE Payと LINE Payカードの違いについては、以下の記事で解説しています。

LINE PayとLINE Payカードの 違いを知る事で 便利にお得に買い物できる!
LINE PayとLINE Payカードの違いを知る事で便利にお得に買い物できる!スマホ決済サービスの1つである、LINE Pay(ラインペイ)の支払方法の一つであるLINE Pay(ラインペイ)カードの特徴・メリット・利用できるお店についてわかりやすく紹介しています。...

 

のちのち、LINE Payに統一するなど、わかりやすくなってくれるといいのですが。。。

 

LINE Payの特徴とメリットまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

LINE Pay(ラインペイ)はスマホ決済サービスの一つで、LINEアプリを持っていて事前にチャージしておけば、お店で買い物をするときの支払いで使えたり、オンライン決済ができたり、LINEの友達に送金できるサービスです。

 

具体的にはLINEの中にあるウォレット(サイフの意味)の中にあるお金をLINE Payで支払う形になります。

そのため、事前にチャージする必要があるプリペイド式になります。

 

LINE Payのメリットは以下のとおり。

  1. スマートフォンだけで支払いが完結する
  2. アプリインストール・支払方法登録・チャージ・利用すべて無料
  3. 支払額に応じてLINEポイントがたまる
  4. LINE Payカードも利用することで、支払える先が大幅にふえる
  5. プリペイド式なので、お金の使いすぎを心配しなくていい
  6. 個人間でお金を送金、割り勘ができる

 

LINE Payが使えるお店は以下を参照してみてください。

参照:LINE Payホームページより

 

 

LINE Payの利用方法は以下のとおり。

  1. LINEのアカウントとパスワード設定
  2. 本人確認(銀行口座の登録)
  3. お金をチャージ

 

LINE Payのデメリットは以下の3点。

  1. 支払えるお店が少ない
  2. プリペイド式が面倒な人には大変
  3.  LINE Payと LINE Payカードがまぎらわしい

 

LINE Payはキャンペーンも多いので、お得に使っていきましょう。

 

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~