転職の悩み

転職が大変だと悩んでいる方へ。将来のために前向きに切り替えてうまくいく方法を紹介

転職が大変だと悩んでいる方へ。将来のために前向きに切り替えてうまくいく方法を紹介
転職で悩んでいる人
転職で悩んでいる人
転職活動をしているんだけど本当に大変。時間もないし、イレギュラーな状況で臨んでいることもあって疲れちゃう。。
転職で悩んでいる人
転職で悩んでいる人
転職はしないといけないのはわかるんだけど、うまく前向きに切り替える方法はないの??
ポチのすけ
ポチのすけ
転職は、なかなかすんなりいかないので、色々悩みますよね。。

 

3回の転職を経験したポチのすけ(@pochinosuke1)です。

転職のたびに、たくさん悩みましたが、少しずつ環境や条件を良くして転職できています。

 

転職は、今の現状を変えるためにとても有効な手段。

ただ、転職では会社のリサーチや面接対策などやることが多く、転職自体に悩むことも多いと思います。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身も、3回の転職中は何度も悩みました。

 

そのため本記事では、

転職が大変だと悩んでいる方へ、ぼくの経験から、前向きに切り替えてうまくいく方法についてまとめました。

以下のような転職の悩みに対し、うまくいくための方法をまとめています。

  1. 時間がない
  2. 通常の転職ではなくイレギュラーなケース
  3. 転職に疲れてしまった
  4. 未経験から手に職をつける

 

様々な悩みがあるため、それぞれ自分に当てはまるところを見ていただければと思います。

それでは、ご覧ください。

 

転職をする時に起きる流れをまとめた詳細記事はこちら

転職についてブログで紹介!4社を渡り歩くぼくの体験談まとめ
転職についてブログで紹介!4社を渡り歩くぼくの体験談まとめ転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、転職中の悩み、転職決定後にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...

 

転職が大変で悩む理由

悩む

転職は、色んな事をやる必要があるので大変です。

ぼくも実際に悩んだことにはなりますが、以下のような理由で悩みがあるのではないでしょうか。

  1. 時間がない
  2. 通常の転職ではなくイレギュラーなケース
  3. 転職がいつ決まるかわからないので疲れてしまう
  4. 未経験から手に職をつける時は大変

 

転職では、とにかく時間がありません。

在職中に行う場合は、普段の仕事もしながらになるので、大変です。

 

また、仕事を一度辞めてしまってキャリアに空白ができた時の転職や、結婚後の転職など、イレギュラーなケースもあります。

 

なお、転職活動が長引くと、いつ転職先が決まるのかわからないので、精神的にも疲れます。

 

その他、手に職をつけたい!と考えて転職活動をしても、未経験からだとなかなかうまくいかないことも。

 

人によって悩みはそれぞれですが、なかなか転職はすんなりいってくれないことが多いです。

 

スポンサーリンク

転職が大変で悩んでいても前向きに取り組むべき理由

現状維持せずに前に進む

 

転職は大変で悩むことも多いですが、それでも前向きに取り組むべきです。

理由は以下の3つ。

  1. 現状維持では、今の環境が劇的に変わる可能性は低い
  2. 転職で環境を変えることでリセットするのは大事
  3. 年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすい

現状を大きく変えるチャンスということです。

 

理由①現状維持では、今の環境が劇的に変わる可能性は低い

転職が大変であったとしても、現状維持をしていて今の環境が劇的に変わる可能性は低いです。

待っているだけでは、負ける確率が極めて高いギャンブルです。

 

転職は大変ではありますが、だからといってそのまま現状維持をしていて、今の環境が劇的に変わって良くなる可能性は低いです。

なぜなら、会社は組織なので、自分一人では環境を劇的に変えるのは難しく、変える場合も時間がかかるからです。

むしろ、永久に環境が変わらない可能性も。

 

なので、環境を変えようと待ってみても、自分で動いても、いたずらに時間だけ浪費してしまい、気づいた時には手遅れになるくらい歳をとっていることもあります。

 

なので、現職の環境を変えるよりも、転職して自分から環境が違うところに行く方が手っ取り早いです。

 

もちろん、転職で環境が変わることを期待するのも同じようにギャンブルだ!と言う方もいるかもしれません。

ぼくも、最初の転職では、環境を変えるのは良くなるのか悪くなるのかわからなかったため、とても悩んだ部分でした。

 

ただ、転職を重ねていくうちに、転職をギャンブルにしないやり方もわかってきましたし、年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすい部分もあるので、あまり悠長に過ごしている時間はないのが現実。

そのため、今の環境が変わることを期待して現状維持するのは、時間の浪費につながるギャンブルなのでおすすめできません。

 

理由②転職で環境を変えることでリセットするのは大事

転職が大変であっても、環境を変えることで、色んなものから一度リセットすることが大事なため。

 

転職のきっかけは、多くの人にとって現職への不満からくるものです。

その不満を解消できる手段として転職があり、転職によって色んなしがらみを一度リセットして断ち切ることができるので、すっきりした状態でリスタート可能に。

 

人間関係や労働環境などのしがらみは、思いのほか自分を束縛します。

これはなかなか簡単に変わらないもので、ぼくの場合、転職してようやくリセットされました。

現状維持でそのまま残っていたら、ずっとしがらみがあったと思います。

なので、大変であっても、転職でリセットできることは大きいので前向きに取り組むべきです。

 

理由③年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすい

転職が大変であっても前向きに取り組むべき理由として、年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすいという時間的な問題もあります。

 

企業は若い人材を求めていることが多いです。

考え方が凝り固まらず、柔軟性があり、今後の伸びしろがあるのは年齢が高い人よりも若い人だという認識が企業の中にあるからです。

 

本記事を読んでいるあなたが、特別なスキルを持っていたり、圧倒的な実績があるのなら話は別ですが、多くの場合、能力が同じ人が二人いたら選ばれるのは年齢が若い人。

転職が大変という理由で途中で辞めてしまうと、次のチャンスで転職しようとしても、その分年齢が上がってしまうので、それだけで難易度が上がってしまいます。

 

例えば、今は転職するのが大変なので転職を一度辞めて、再度転職活動を始めたのが3年後だと、3年前よりも転職の難易度は上がります。

また、世の中の流れが早い現在は、3歳の差どころか1歳でも若い方が有利になる傾向も。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくは、1歳の年の差でお見送りになったことがあります。。

26歳よりも25歳の方が有利ですし、31歳よりも30歳の方が転職に有利です。

 

なので、転職は大変。。と悩む気持ちはすごくわかるのですが、悩んで時間ばかり過ぎてしまうと、自分の今後の人生がもっと大変になってしまうことも。

そうならないように、これから紹介する悩んでいる時に切り替えてうまくやる方法を読んでいただき、まずは一歩を踏み出してもらえればと思います。

 

スポンサーリンク

転職が大変で悩んでいる時でもうまくいく方法

うまくいく

転職が大変で悩んでいる時でも、うまくいく方法はあります。

 

ぼくは、以下のような悩みに対して、前向きに切り替えて対応してきました。

  1. 時間がない時
  2. 通常の転職ではなくイレギュラーなケース
  3. 転職に疲れてしまった時
  4. 未経験から手に職をつける時

 

それでは、うまくいく方法を一つずつ見ていきましょう。

 

方法①時間がない時にうまくいく方法

転職で最も多くの人を悩ませるのは、時間がないということ。

 

収入が途切れる不安や、社会保険の継続を考えると、在職中に転職活動を行うことが多いと思います。

仕事をしながら転職活動を行うと、とにかく時間がありません。

 

転職活動では、面接を受けるだけでなく、

  • 求人の調査
  • 面接日程調整
  • 口コミの調査
  • 志望動機を考える
  • 転職理由をまとめる

など、多くのタスクがあります。

 

そのため、サービスをうまく活用することと、面接の日程をうまく調整する必要があります。

 

サービスをうまく活用するという点では、転職エージェントを利用するのが最も効率的。

 

転職で一番時間がかかるのは、求人の調査です。

現時点で、どのような会社が求人を出しているのか自分の希望を踏まえるとどのあたりがいいのかを自分一人で探し出すのはかなり時間がかかります。

 

そこで、転職エージェントを利用することで、ざっくりとしたリサーチはやってもらいましょう。

また、転職で不安に思うことについても、転職エージェントは相談に乗ってくれるので、メンタルフォローにもなります。

 

世の中にたくさんある転職エージェントの中で、ぼくが実際に使ってみて本当に良かったエージェントについて、以下の記事で詳しく紹介しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

転職エージェントのおすすめ2つ!僕が3回の転職で使って本当に良かったものを紹介
転職エージェントのおすすめ2つ!僕が3回の転職で使って本当に良かったものを紹介【2019年10月22日更新】転職エージェントを選ぶ時、3回の転職で実際に利用した経験から、使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。 業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...

 

また、面接の日程をうまく調整するのも大事です。

面接の日程調整に失敗すると、転職が長引き、自分の時間もどんどんなくなります。

そのため、面接に行く時間をうまく調整して、1日の動きを効率的に行うことで時間を作り出すことが可能。

 

具体的には、以下のような時間で調整するのがおすすめ。

外出しやすい人が、在職中に面接行くタイミング

  • 午前中・・・11時
  • 午後・・・13時~15時
  • 夕方以降・・・19時

 

外出しにくい人が、在職中に面接行くタイミングは、以下の通り。

  • 一次面接・・・19時
  • 最終面接・・・有給休暇を取って対応

 

どうしても日程が合わない時は、有給休暇の半日休暇(半休)を使いましょう。

 

在職中の転職で面接行くタイミングについては、以下の記事で詳しく解説しています。

在職中の転職で面接行くタイミングの詳細記事はこちら

在職中の転職で面接行くタイミングについて。僕がやっていた時間の調整方法
在職中の転職で面接行くタイミングについて。僕がやっていた時間の調整方法転職は在職中にした方がいいとよく言われるので、働きながら転職活動をする人は多いですが、面接に行くタイミングについて、とても苦労します。 本記事では、在職中は面接にいつ行けばいいのか、ぼくの体験から調整方法をお伝えします。...

 

方法②通常の転職ではなくイレギュラーなケースでもうまくいく方法

転職では、通常の転職ではなくイレギュラーなケースのために悩むこともあります。

 

たとえば、

  • 業界を変える転職のケース
  • 無職の期間(職歴の空白期間)がある転職のケース
  • 結婚後の転職のケース
  • 転職エージェントがミスをしてしまうケース

など。

 

業界を変える転職のケース

 

転職は、同じ業界内で考える方が多いと思いますが、自分の興味がある業界で働きたい思いや、現状を大きく変えたいときに業界を変える転職が有効です。

ただ、業界を変える転職だと、自分が知らない業界に行くため、知識面や給料ダウンの心配があると思います。

ぼく自身も、3回の転職中2回は業界を変える転職をしているので、不安は多かったです。

 

それでも、以下のようなメリットがあるため、業界を変える転職に踏み切ってうまくいきました。

  1. 業界特有の環境を変えられる
  2. 働き方がガラッと変わる
  3. 新たな知識が身につく
  4. さまざまな業務手法(営業方法など)が学べる
  5. 給料アップも可能

 

業界を変える転職のメリットについては、以下の記事でぼくの実体験から詳しく書いています。

転職で業界変えるメリットの詳細記事はこちら

転職で業界変えるのは不安なあなたに伝えたい実際の体験から得たメリット5つ
転職で業界変えるのは不安なあなたに伝えたい実際の体験から得たメリット5つ【2019年10月30日更新】転職で業界変えるのは不安が多いと思います。そんなあなたに、3回の転職のうち2回は業界を変える転職したぼくが、実際の体験から得たメリット5つを紹介します。 現状を変えたい方は是非お読みください。...

 

また、転職で業界を変える時は、納得感のある志望動機が必須。

志望動機の伝え方については、以下の記事で詳しく解説しています。

違う業界に転職する時の志望動機の伝え方の詳細記事はこちら

違う業界に転職する時の 志望動機の伝え方4つについて。 実体験から紹介します
違う業界に転職する時の志望動機の伝え方4つについて。実体験から紹介します転職で違う業界を目指す時の志望動機の伝え方4つについて、自身の体験談より紹介しています。 志望動機の方向性がずれてしまうと大きなマイナスになるため、そうならないようなポイントも合わせて解説しています。...

 

無職の期間(職歴の空白期間)がある転職のケース

 

転職で無職の期間や空白の期間があると、転職の難易度は上がります。

働く意欲の部分も見られてしまうためです。

 

転職で無職の期間がない方が良い理由については、以下の記事で詳しく解説しています。

転職で無職の期間がない方がいい理由の詳細記事はこちら

転職は無職の期間がない方がいい3つの理由と注意点を実体験から紹介
転職は無職の期間がない方がいい3つの理由と注意点を実体験から紹介転職活動はいつも大変ではありますが、それでも無職の期間はない方がいいと考えています。 本記事は、無職の期間がない方がいい3つの理由と注意点、在職中に転職をする時のポイントについて解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

ただ、どうしても無職の期間(空白期間)ができてしまった場合でも、面接官にプラスの印象を与えられるうまい言い方はあります。

うまい言い方は以下の4つ。

  1. 資格取得のために勉強していた
  2. 親の介護をしていた
  3. 独立してフリーランスとして働いていた
  4. 色々な経験をするために長期で旅行に行っていた

 

無職期間(職歴の空白期間)があっても、プラスの印象を与えれるうまい言い方やとっておきの方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。

転職で空白期間がある時のうまい言い方の詳細記事はこちら

転職で空白の期間がある時にプラスの印象を与えられるうまい言い方と、とっておきの手段を紹介
転職で空白の期間がある時にプラスの印象を与えられるうまい言い方と、とっておきの手段を紹介転職でやむなく空白期間ができてしまった時に、プラスの印象を与えられるうまい言い方をご紹介します。 空白期間が長くなってしまった時、転職を成功させるとっておきの方法についても解説しています。 是非ご覧ください。...

 

結婚後の転職のケース

 

転職で悩むポイントでは、結婚後に転職するケースもあります。

自分一人の人生ではなくなるため、不安は大きくなるもの。

 

不安も大きいと思いますが、ぼく自身3回の転職のうち、結婚後に2回転職しています。

その経験からわかったメリットは以下の4つ。

  1. 心が壊れるくらいのつらさから解放される
  2. 夫婦で一致団結できる
  3. 良い会社にいければ生活スタイルが良くなる
  4. 主体性を持てるのでスキルアップしやすい

 

ポチのすけ
ポチのすけ
もちろん、夫婦できちんと話し合って納得しあうのは必須です。

 

結婚後の転職のメリット・デメリットについては以下の記事で詳しく紹介しています。

結婚後の転職のメリット・デメリットの詳細記事はこちら

結婚後の転職は大丈夫? 体験者が語るメリット・デメリット
結婚後の転職は大丈夫?体験者が語るメリット・デメリット「仕事がつらくて転職を考えているけど、結婚したばかりだし・・・」とお悩みの方に対し、結婚後に転職したぼくの体験談を紹介しています。 メリット・デメリットを自分の状況と照らし合わせてもらえればと思います。 是非ご覧ください。...

 

転職エージェントがミスをしてしまうケース

 

転職では、頼りになる転職エージェントですが、残念ながら転職エージェントがミスをすることはあります。

 

転職エージェントから見ると一つのミスでも、転職者からすると人生をかけた場面でのミスはきついもの。

ぼく自身、転職エージェントのミスを食らった経験があり、その時の対処法は以下の5つでした。

  1. 当事者意識をもって動く
  2. 口コミを確認しておく
  3. 一歩先を読んで対処しておく
  4. 担当のエージェントを替えてもらう
  5. 転職エージェントの会社を替える

 

人間なので、転職エージェントでもミスをすることはあるものだと考えて対処するのも大事です。

詳しくは以下の記事で解説しています。

転職エージェントのミスへの対処法の詳細記事はこちら

転職エージェントのミスへの対処法。一歩先を読む人間になれる!
転職エージェントのミスへの対処法。一歩先を読む人間になれる!転職において転職エージェントは頼れる存在ですが、転職エージェントでもミスをすることがあります。本記事では自分の体験から、ミスが起きた場合の対処法を紹介しています。しっかりと対処することで、一歩先を読む人間に成長することも可能です。ぜひご覧ください。...

 

方法③転職に疲れてしまった時でもうまくいく方法

転職では体力的にも精神的にも、疲れてしまう時があります。

 

就活生の悲痛な声が聞こえるお祈りメールは、転職する時も起こります。

ぼく自身、転職ではたくさん応募して、たくさん落とされました。

 

そんな時に前向きに切り替えるため、以下の方法を取りました。

  1. 別のことをする
  2. 転職エージェントに相談
  3. 転職は相性なのだと考え方を変える

 

詳しくは以下の記事で解説しています。

転職活動がうまくいかなくて疲れた時の切り替え方の詳細記事はこちら

転職活動がうまくいかなくて疲れた時、この3つをやって切り替えよう
転職活動がうまくいかなくて疲れた時、この3つをやって切り替えよう転職活動がうまくいかないと、自分に自信がなくなったり、プレッシャーで疲れてしまい、ネガティブになりがちです。その時に切り替える方法3つを体験談からお伝えします。転職で悩んでいる方は参考にしてみてください。...

 

また、転職に疲れて怖くなってしまった時、失敗しない方法についても以下の記事でまとめています。

こちらも合わせてご覧ください。

転職が怖いと不安な方へ転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法転職が怖いと不安な方へ、転職3回のぼくの経験から失敗しないための方法を書いています。怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...

 

方法④未経験から手に職をつける時でもうまくいく方法

未経験から手に職をつけようとする時の転職でも悩みはあるものです。

 

将来のために技術を身につけたい手に職をつけたいと未経験から転職する方も増えています。

ただ、未経験からだと、手に職をつける転職では悩みがあるもの。

 

そんなときのおすすめは、ITエンジニアです。

現在進行形で人手が足りていないのと、今後もITはますます伸びるのでさらなる人手不足が予測されているからです。

 

ITエンジニアがおすすめの理由については、以下の記事で詳しく紹介しています。

ITエンジニアの詳細記事はこちら

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は是非ご覧ください。...

 

手に職をつけたい20代女性が長く続けられる仕事としても、ITエンジニアはおすすめです。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

 

手に職をつけたい20代女性向けの長く続けられる仕事の選び方の詳細記事はこちら

手に職をつけたい20代女性向けの 長く続けられる仕事の選び方
手に職をつけたい20代女性向けの長く続けられる仕事の選び方将来が不安な20代女性が手に職をつけたい!と考えた時、結婚後も長く働くための仕事の選び方と、おすすめの仕事についてまとめています。 営業職、内勤職、事務職、派遣社員、フリーターと様々な立場の方に通じる内容になっています。 是非ご覧ください。...

 

 

また、ITエンジニアがおすすめといっても、20代のように若くなく、30代・40代・50代でもなれるのか不安な方もいると思います。

もちろん、20代よりは難易度は上がりますし、フリーランスとしての働き方も視野に入れる必要がありますが、努力次第で未経験からITエンジニアへの転職は可能。

 

それぞれの年代ごとに、ITエンジニア(プログラマー)に未経験からなる方法と考え方を以下の記事でまとめています。

ご自身の年齢に合わせて、ご覧ください。

 

プログラマー未経験30代の人向けの方法の詳細記事はこちら

プログラマーを目指す未経験30代の人向けの方法と持っておくべき考え方
プログラマーを目指す未経験30代の人向けの方法と持っておくべき考え方プログラマーに興味がある30代未経験の人が、プログラマーになるための方法と考え方について紹介しています。 IT企業で働くぼくの周りのプログラマーの実例から、30代だからこそどう考えて行動するべきなのかがわかります。 是非、ご覧ください!...

 

プログラマー未経験40代の人向けの方法の詳細記事はこちら

プログラマーを目指す未経験40代の人向けの方法と持っておくべき考え方
プログラマーを目指す未経験40代の人向けの方法と持っておくべき考え方プログラマーに興味がある未経験40代の方向けに、考え方とプログラマーとして働く方法をIT業界で働いている立場から書いています。 大変ではありますが、チャンスが多いにある仕事なので、興味がある方は是非ご覧ください!...

 

プログラマー未経験50代の人向けの方法の詳細記事はこちら

プログラマーを目指す未経験50代の人向けの方法と持っておくべき考え方
プログラマーを目指す未経験50代の人向けの方法と持っておくべき考え方50代未経験の方がプログラマーになるための方法と考え方について紹介しています。 かなり険しい道のりにはなりますが、やる気と覚悟と戦略を持ってやれば、人生が変わります。 是非ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

転職が大変で悩んでいる時にうまくいく方法まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

転職は以下のような悩みがあるため、大変なことが多いです。

  • 時間がない
  • 通常の転職ではなくイレギュラーなケース
  • 転職がいつ決まるかわからないので疲れてしまう
  • 未経験から手に職をつける時は大変

 

ただ、転職が大変であっても、切り替えて前向きに取り組む必要があります。

理由は以下の3つ。

  1. 現状維持では、今の環境が劇的に変わる可能性は低い
  2. 転職で環境を変えることでリセットするのは大事
  3. 年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすい

 

ぼくも転職は大変で悩むことも多かったですが、色々と試行錯誤して前向きに切り替えて行動することで、良い転職をすることができました。

人によって、色んなケースがあるため、自分に当てはまるものを試してみて下さい。

 

転職が大変で悩んでる。。という方が本記事をきっかけに、ヒントを得て行動してくれれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

転職をする時に起きる流れをまとめた詳細記事はこちら

転職についてブログで紹介!4社を渡り歩くぼくの体験談まとめ
転職についてブログで紹介!4社を渡り歩くぼくの体験談まとめ転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、転職中の悩み、転職決定後にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...