iDeCo

イデコで日本ITソフトウェア企業年金基金に加入してる時の注意点と対策

イデコで日本ITソフトウェア企業年金基金に加入してる時の注意点と対策
イデコ始める人
イデコ始める人
ウチの会社は、企業型の確定拠出年金やってないから、iDeCo(イデコ)ができるよね!
ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも同じく企業型の確定拠出年金をやってない会社だったので、iDeCo(イデコ)ができる会社でしたが、注意すべき点がありました。

 

ポチのすけが勤めているIT企業は、日本ITソフトウェア企業年金基金という、企業年金に入っていました。

結論を先にお伝えすると、日本ITソフトウェア企業年金基金に入っている企業に勤めている方は、iDeCo(イデコ)での積み立てができますが、積み立てられる金額が月12,000円までになります。

サラリーマンはみんな、iDeCo(イデコ)で月23,000円まで積み立てられると思っていたため、意外な盲点でした。

 

本記事では、自分の勤め先が日本ITソフトウェア企業年金基金に入っている場合の注意点と、その上での対策を紹介していきます。

日本ITソフトウェア企業年金基金ではなく、ほかの企業年金に入っている方も、iDeCo(イデコ)をフル活用できない場合の資産運用のやり方として役立つように解説していきます。

それでは、ご覧ください。

 

日本ITソフトウェア企業年金基金に加入している時、iDeCo(イデコ)をやる注意点

気を付ける

「iDeCo(イデコ)を始めるぞー」

と思ったらまずは、勤務先が企業年金制度に入っているかどうか確認しましょう。

 

企業年金制度とは、

  • 確定給付企業年金(規約型・基金型)
  • 確定拠出年金
  • 厚生年金基金
  • 税制適格退職年金
  • 中小企業退職金共済制度・特定退職金共済制度
  • 自社年金

といった、企業が社員のために年金を支給する仕組みです。

 

なぜなら企業が企業年金制度に加入しているかどうかで、掛金の上限が違ってくるからです。

 

勤め先が日本ITソフトウェア企業年金基金に入っている場合

 

ポチのすけは、勤めている会社が日本ITソフトウェア企業年金基金に入っておりました。

そのため、iDeCo(イデコ)で積み立てられる金額の上限がありました。

 

冒頭でもお伝えしましたが、勤めている会社が日本ITソフトウェア企業年金基金をやっている場合、iDeCo(イデコ)の掛金金額は月12,000円が上限です。

ポチのすけ
ポチのすけ
サラリーマンは月23,000円まではiDeCo(イデコ)ができると思っていたので、誤算でした。。。

 

どこで気づいたかというと、iDeCo(イデコ)の申し込みのために、会社の総務さんに書類の提出をした時に発覚しました。。。

ちなみに、日本ITソフトウェア企業年金基金に加入している企業からは、年に1回こんなハガキをもらいます。

 

日本ITソフトウェア企業年金基金

 

中身はこんな感じです。

日本ITソフトウェア企業年金基金 中身

 

積み立てている金額は、自分の月収に比例するのですが、月10,000円も積み立てておらず、しょぼい元本でした。

会社が全額負担してくれているとはいえ、自分でiDeCo(イデコ)に満額23,000円を積み立てた方が元本がふえるので、リターンも期待できるのですが・・・

 

残念ながらiDeCo(イデコ)の制度上の問題のため、月12,000円上限でやるしかありません。

iDeCo(イデコ)も、もう少し柔軟な制度になればよいのですが。。。

 

勤め先が何かしらかの企業年金に入っている場合

 

日本ITソフトウェア企業年金基金以外で、勤め先が企業年金に入っている場合も同様に、iDeCo(イデコ)で積み立てられる金額の上限があります。

ポチのすけのケースと同様、積み立てられる金額は、月12,000円が上限になります。

 

企業年金は色んな名称があり、「あまりよくわからなかったけど実は企業年金に入っていた」というケースもあります。

自分の会社が企業年金に入っているのかは、総務さんに確認するのが確実なので、一度確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク

日本ITソフトウェア企業年金基金に加入している時、資産運用をする上での対策は2つ

違うやり方

 

企業が日本ITソフトウェア企業年金基金のような、企業年金制度に加入していても、iDeCo(イデコ)は利用できます。

 

しかし、毎月の掛金に上限があるため、月23,000円を出せる人とは違った戦略を練る必要があります。

なぜなら、投資の利回りはパーセントになるため、投資元本が大きいほど、リターンの金額が大きくなるからです。

 

企業が日本ITソフトウェア企業年金基金のような、企業年金制度に加入している場合、iDeCo(イデコ)を含めた資産運用をする上で、ポチのすけが考える対策は2つです。

 

  1. iDeCo(イデコ)では、ある程度リスクを取って利回りの高い商品に特化させる
  2. iDeCo(イデコ)以外の資産運用をする金額をふやす

 

iDeCo(イデコ)では、ある程度リスクを取って利回りの高い商品に特化させる

 

ポチのすけは、勤めている会社が日本ITソフトウェア企業年金基金に入っていたので、iDeCo(イデコ)では毎月の掛金上限が12,000円で、年間144,000円の元本にしかなりません。

そのため、12,000円で色んな商品を買うのではなく、利回りが高い商品一つに絞って投資することにしました。

 

掛金の金額が少ないため、ある程度の利回りがないと将来のリターンが大した金額にならないのと、手数料に負けてしまうリスクがあったためです。

 

そもそも60歳まで引き出せないのだし、長い目で見ればリスクも抑えつつ、結構な利回りになるだろう、と見込んでいます。

 

ちなみにポチのすけは、楽天証券で、楽天・全米株式インデックス・ファンド(通称:楽天VTI)に12,000円全額投資しています。

 

楽天VTIは、アメリカ市場全体をカバーしている商品であり、楽天VTIだけでアメリカ市場へ分散投資している優れた商品です。

アメリカ市場への投資がおすすめな理由と、楽天証券のおすすめ商品として楽天VTIを進めている理由はこちらも記事でも解説しています。

 

また、楽天証券で、楽天VTIに投資している実績(毎月更新中)はこちらです。

 

iDeCo(イデコ)以外の資産運用をする金額をふやす

 

iDeCo(イデコ)は、税金面でも非常に有利な資産運用ですが、月12,000円までしか掛けられないので、ポチのすけは、ほかの資産運用の金額をふやしていくことにしました。

 

やったことは以下になります。

  • つみたてNISAの金額をふやした
  • 楽天カード決済で投資を始めた
  • 楽天ポイントで投資を始めた

 

まずは、iDeCo(イデコ)同様、税金面で有利な「つみたてNISA」の金額をふやしました。

満額の月33,333円までは積み立てられていないものの、金額をふやしてみました。

つみたてNISAでは、当初は10,000円くらいにしておこうと考えていましたが、iDeCo(イデコ)であまり積み立てられないことが分かったため、金額を30,000円近くにふやしました。

 

つみたてNISAがおすすめな理由と実績(毎月更新中)は以下の記事で解説しています。

 

ほかにも、金額は最少ですが、楽天カード決済で投資を始めてみました。

カード決済で楽天ポイントがつくため、普通に買うよりお得なためです。

頑張って収入をふやして、ゆくゆくは月50,000円までふやしていきたいと思っています。

 

また、楽天ポイントでも投資ができるので、毎月ポイントで投資信託を買っています。

 

楽天カード決済投資と、楽天ポイントで投資をするメリットと実績は、こちらも記事でも解説しています。

 

iDeCo(イデコ)以外の資産運用の金額をふやして、結果的に投資元本をふやすことで、将来的なリターンを大きくする作戦です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
うまくいきますように。

 

スポンサーリンク

まとめ

お話してきたことをまとめます。

自分の勤め先が日本ITソフトウェア企業年金基金に入っている場合の注意点は、iDeCo(イデコ)での積み立てができますが、積み立てられる金額が月12,000円までです。

ほかの企業年金に入っている方も、同様です。

 

勤め先が日本ITソフトウェア企業年金基金のような、企業年金制度に加入している場合、iDeCo(イデコ)を含めた資産運用をする上での考える対策は以下の2つです。

  1. iDeCo(イデコ)では、ある程度リスクを取って利回りの高い商品に特化させる
  2. iDeCo(イデコ)以外の資産運用をする金額をふやす

 

iDeCo(イデコ)ももう少し柔軟な制度になればよいのですが、現状の制度でできることをしっかり行ってお金をふやしていきましょう!