投資信託

投資信託の分配金とは?注意点と取り扱いを理解して運用成績を上げよう!

投資信託の分配金とは?注意点と取り扱いを理解して運用成績を上げよう!
投資始めた人
投資始めた人
投資信託には分配金があるって聞いたんだけど、そもそも分配金って何だろう?配当みたいなもので、もらえるとラッキーって感じかな?

上記のような質問にお答えします。

 

iDeCo(イデコ)やつみたてNISAなどで毎月投資信託を買っているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

 

投資信託によっては、運用していると分配金をもらうことがあります。

 

先に結論をお伝えすると、

分配金とは、投資信託を保有する投資家に分配されるお金のこと。

投資信託によっては毎月分配金がもらえることがありますが、投資元本から出しているだけの場合もあり、分配金を配っていても本当に儲かっているのかよく知っておくことが必要です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも投資信託を初めて買うときは分配金があればあるほどラッキーだと思っていました。

 

本記事では、

投資信託の分配金についての解説と、

分配金の種類や注意点についてご紹介していきます。

運用成績を上げるためにも、投資信託の分配金についての理解は必須です。

それでは、見ていきましょう。

 

投資信託の分配金とは

疑問点

分配金とは、その名の通り、投資信託を保有する投資家に分配されるお金です。

分配される回数は、

  • 年1回
  • 月1回

など、投資信託によって様々。

超重要!

分配金は、株の配当金と似ていますが、全くの別物になります。

 

分配金と配当金の違いは、お金の出どころです。

 

配当金・・・企業の利益の一部から出る

分配金・・・投資信託の価値そのものから出る

 

投資信託の価値そのものとは、投資信託に集まった全ての資産(純資産総額)になります。

純資産総額とは、

  • 運用会社が運用している株式
  • 運用会社が上げた利益
  • 投資家から集めた資金

で構成されます。

 

つまり、

利益がなければ分配金という名前でも、自分が出したお金が戻ってきているだけということに・・・

しかも、受け取った分配金には税金がかかるため、自分が出しているお金が戻ってきているだけなら、税金で引かれる分損してしまいます。。

 

なので、分配金を支払ってもなお、純資産総額がふえることが期待できる投資信託を買うことが重要です。

 

スポンサーリンク

投資信託の分配金の種類や計算方法・注意点について

投資信託

 

ここでは、

  • 投資信託の分配金の種類
  • 投資信託の分配金の計算方法
  • 投資信託の分配金の注意点

について、解説します。

 

投資信託の分配金の種類

 

先ほどは分配金の概要をお伝えしましたが、分配金には

  1. 普通分配金
  2. 特別分配金

の2つの種類があります。

 

違いは以下です。

  1. 普通分配金・・・運用した利益から分配される
  2. 特別分配金・・・利益がない場合、投資家から集めた資金を切り崩して支給される

 

支払われる分配金以上に利益を上げている投資信託なら、純資産総額がふえて普通分配金が出るので安心。

 

逆に支払う分配金よりも利益が少ない投資信託は、特別分配金の支払いにより、損失が出ているので注意しましょう。

 

投資始める人
投資始める人
特別分配金って、利益が出ていないのになんで分配金を出すんだろう?
ポチのすけ
ポチのすけ
それは、投資家に売られないように、特別分配金を支払ってまでつなぎとめをしたいからなんですよ。

 

特別分配金を出しても、その場しのぎをしている感じがぬぐえませんので、注意しましょう。

 

投資信託の分配金の計算方法

 

投資信託の分配金の計算方法は以下になります。

取得できる分配金 = 購入口数 × 一口あたりの分配金

いたって普通の計算式ですね(笑)

一口あたりの分配金に関しては、投資信託によって変わります。

 

投資信託の分配金の注意点

 

分配金は2パターンあり、普通分配金なら利益が出ている中でのお金だから安心ではありますが、受取時に税金がかかる点に注意しましょう。

また、普通分配金だけでなく、特別分配金であっても課税対象

課税率は20.315%です。

金融資産にかかる税率としてよく言われる率がかかるということです。

 

分配金をもらえるのは喜ばしいことですが、どちらにしても税金がかかってしまう点は注意する必要があります。

 

スポンサーリンク

投資信託の分配金の取り扱いについて

分配金の取り扱い

 

投資信託の分配金の取り扱いについてご紹介します。

そもそもですが、最もおすすめなのは、分配金を出さない投資信託を買って運用すること

なぜなら分配金がない分、売るまで課税されないため、分配金を再投資することよりも複利効果を最大限発揮できるからです。

複利効果を最大限発揮すると、長期運用でじわじわとお金を増やすことができます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
なのでぼくも、分配金を出さない投資信託を買って運用しています。

 

投資信託で分配金なしを選ぶメリットについては、以下の記事で紹介しています。

投資信託の分配金なしがおすすめについての詳細記事はこちら

投資信託は分配金なしを選ぶのがおすすめ!資産運用は長期で複利効果を最大限活かすべき
投資信託は分配金なしを選ぶのがおすすめ!資産運用は長期で複利効果を最大限活かすべき投資信託を選ぶときのポイントとして、分配金がないものを選ぶのがよいです。分配金がないことにより複利効果を最大限活かすことができる理由と商品をお伝えします。...

 

また、分配金なしの投資信託は良いものが多く、おすすめです。

投資信託おすすめ商品の詳細記事はこちら

楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介
【2019年】楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介【2019年8月3日更新】楽天証券で投資信託を買う場合のおすすめ投資信託10本を紹介しています。投資信託を選ぶ6つの基準・根拠も解説しています。 ぜひ、ご覧ください。...

 

もし、分配金が出たら、そのまま受け取るのではなく、資産をふやすために再投資に回して複利効果を活かしましょう。

税金がかかってしまうのが難点ですが、投資している商品自体の価値を高めておいた方が、最終的に売る時にもうけが大きくなるからです。

 

投資信託の種類によっては、

  • 自動的に分配金を再投資してくれる投資信託
  • 再投資前提で分配金がない投資信託

があります。

 

分配金を自動で再投資してくれる投資信託も、再投資前提で分配金がない投資信託も、どちらも再投資の手間がかからないため運用は楽チンです。

 

スポンサーリンク

投資信託の分配金まとめ

 

お話ししてきたことをまとめます。

投資信託によっては、分配金が出るものがあります。

分配金は株の配当金と異なり、投資信託の価値そのものから出されるため、利益が出ていないと損をしてしまいます。

 

分配金には、以下の2種類があります。

  • 利益から分配金が出る普通分配金
  • 投資家から集めたお金から支給する特別分配金

特別分配金だと、損失が出ているので注意しましょう。

 

普通分配金も特別分配金も受取時には税金がかかることもあり、基本的には分配金なしの投資信託を選ぶのがおすすめ。

もし分配金を受け取ったら、再投資に回しましょう。

 

分配金は配当とは違うことと、中身を確認しておかないと損していることもあるため、充分に注意しましょう。

基本的には分配金なしの投資信託を買うのがおすすめになるので、以下の記事を参考に、商品はきちんと選んでもらえればと思います。

 

投資信託の分配金なしがおすすめについての詳細記事はこちら

投資信託は分配金なしを選ぶのがおすすめ!資産運用は長期で複利効果を最大限活かすべき
投資信託は分配金なしを選ぶのがおすすめ!資産運用は長期で複利効果を最大限活かすべき投資信託を選ぶときのポイントとして、分配金がないものを選ぶのがよいです。分配金がないことにより複利効果を最大限活かすことができる理由と商品をお伝えします。...

 

投資信託おすすめ商品の詳細記事はこちら

楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介
【2019年】楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介【2019年8月3日更新】楽天証券で投資信託を買う場合のおすすめ投資信託10本を紹介しています。投資信託を選ぶ6つの基準・根拠も解説しています。 ぜひ、ご覧ください。...

 

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~