投資信託

投資信託の分配金2パターンを知って、運用成績を上げよう!

投資信託の分配金2パターンを知って、運用成績を上げよう!

投資信託を運用していると、分配金をもらうことがあります。

ちなみに分配金とは、投資信託を保有する投資家に分配されるお金です。

 

投資始めた人
投資始めた人
やった!投資信託から分配金が出たよ!

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ちょっと待って!その分配金は本当にもらって大丈夫?

 

投資信託によっては毎月分配金がもらえることがありますが、投資元本から出しているだけの場合もあり、分配金を配っていても本当に儲かっているのかよく知っておくことが必要です。

 

本記事では、運用成績を上げるために、投資信託の分配金2パターンについてご紹介していきます。

それでは、見ていきましょう。

 

投資信託の分配金について

 

分配金とは、その名の通り、投資信託を保有する投資家に分配されるお金です。

分配される回数は、

  • 年1回
  • 月1回

など、投資信託によって様々です。

 

分配金は、株の配当金と似ていますが、全くの別物になります。

違いは、お金の出どころです。

 

配当金・・・企業の利益の一部から出る

分配金・・・投資信託の価値そのものから出る

 

投資信託の価値そのものとは、投資信託に集まった全ての資産(純資産総額)になります。

純資産総額とは、

  • 運用会社が運用している株式
  • 運用会社が上げた利益
  • 投資家から集めた資金

で構成されます。

 

つまり、

利益がなければ分配金という名前でも、自分が出したお金が戻ってきているだけということになります。

しかも、受け取った分配金には税金がかかるため、自分が出しているお金が戻ってきているだけなら、税金で引かれる分損してしまいます。

 

なので、分配金を支払ってもなお、純資産総額がふえることが期待できる投資信託を買うことが重要です。

 

スポンサーリンク

投資信託の分配金は2パターンある

 

投資信託の分配金のパターン2つ

 

先ほどは分配金の概要をお伝えしましたが、分配金には

  1. 普通分配金
  2. 特別分配金

の2つのパターンあります。

 

違いは以下です。

  1. 普通分配金・・・運用した利益から分配される
  2. 特別分配金・・・利益がない場合、投資家から集めた資金を切り崩して支給される

 

支払われる分配金以上に利益を上げている投資信託なら、純資産総額がふえて普通分配金が出るので安心です。

 

逆に支払う分配金よりも利益が少ない投資信託は、特別分配金の支払いにより、損失が出ているので注意しましょう。

 

投資始める人
投資始める人
特別分配金って、利益が出ていないのになんで分配金を出すんだろう?
ポチのすけ
ポチのすけ
それは、投資家に売られないように、特別分配金を支払ってまでつなぎとめをしたいからなんですよ。

 

特別分配金を出しても、その場しのぎをしている感じがぬぐえませんので、注意しましょう。

 

投資信託の分配金の計算方法

 

投資信託の分配金の計算方法は以下になります。

取得できる分配金 = 購入口数 × 一口あたりの分配金

いたって普通の計算式ですね(笑)

一口あたりの分配金に関しては、投資信託によって変わります。

 

スポンサーリンク

投資信託の分配金の注意点

 

分配金は2パターンあり、普通分配金なら利益が出ている中でのお金だから安心ではありますが、受取時に税金がかかる点に注意しましょう。

また、普通分配金だけでなく、特別分配金であっても課税対象です。

課税率は20.315%です。

金融資産にかかる税率としてよく言われる率がかかるということです。

 

分配金をもらえるのは喜ばしいことですが、どちらにしても税金がかかってしまう点は注意しましょう。

 

スポンサーリンク

投資信託の分配金は再投資に回そう

 

分配金をもらったら、そのまま受け取るのではなく、資産をふやすために再投資に回して複利効果を活かしましょう。

複利とは、運用して得た利益を元手に組み込むことで、さらに利益を大きくすることです。

複利とは?
複利とは?複利とは、運用して得た利益を投資元本に加えて運用することで、投資元本をふやしていくことです。 かのアインシュタインが、「人類最大の...

 

また、投資信託の種類によっては、

  • 自動的に分配金を再投資してくれる投資信託
  • 再投資前提で分配金がない投資信託

があります。

 

分配金を自動で再投資してくれる投資信託も、再投資前提で分配金がない投資信託も、どちらも再投資の手間がかからないため運用は楽チンです。

 

ちなみに、投資信託で複利効果を最大限に発揮できるのは、分配金がない投資信託になります。

なぜなら、分配金がない分売るまで課税されないため、分配金を再投資する時よりも複利効果を最大限発揮できるからです。

 

投資信託で分配金なしを選ぶメリットについては、以下の記事で紹介しています。

投資信託は分配金なしを選ぶことで複利効果を最大限活かせる!
投資信託は分配金なしを選ぶことで複利効果を最大限活かせる!投資信託を選ぶときのポイントとして、分配金がないものを選ぶのがよいです。分配金がないことにより複利効果を最大限活かすことができる理由と商品をお伝えします。...

 

まとめ

 

ここまでお話ししてきたことをまとめます。

  • 投資信託によって、分配金が出るものがある
  • 分配金は株の配当金と異なり、投資信託の価値そのものから出されるため、利益が出ていないと損をしてしまう
  • 分配金には、利益から分配金が出る普通分配金と、投資家から集めたお金から支給する特別分配金がある
  • 特別分配金は損失が出ているので注意
  • 普通分配金も特別分配金も受取時には税金がかかる
  • 分配金は再投資に回すのがおすすめ

 

分配金は嬉しいものですが、中身を確認しておかないと、損していることもあるため、充分に注意しましょう。