投資信託

投資信託の購入をクレジットカード決済!サービスを徹底比較

投資信託の購入をクレジットカード決済!サービスを徹底比較
投資家
投資家
投資信託は毎月コツコツ積み立てていくのだから、どうせならクレジットカードで支払ってポイントをもらいたい。クレジットカード払いができるところでおすすめはどこになるんだろう?

上記のような質問にお答えします。

 

クレジットカードで毎月投資信託を買っているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも、普段からクレジットカードで支払いをすることがほとんどなので、せっかく毎月投資信託を買うのなら、クレジットカード払いでポイントを貯めたいと考えました。

 

とはいえ、2018年まではクレジットカードから投資信託の引き落としができても、実態はクレジットカードにひもづけられている銀行口座から引き落としがされるだけで、ポイントがつかないものしかありませんでした。

 

それがついに、2018年9月からクレジットカード決済ができる待望のサービスが出てきたんです!

 

丸井グループのtsumiki証券が、投資信託のクレジットカード決済サービスを開始したことから、投資家の方の願望が現実となりました!

また、楽天証券も2018年10月27日から同様にクレジットカード決済を開始しています。

 

本記事では、

投資信託をクレジットカード決済する時、

楽天証券とtsumiki証券のサービス内容を徹底比較することで、どちらが良いサービスなのか徹底解説していきます。

 

結論を先にお伝えすると、楽天証券がおすすめ

ネットから簡単に申し込みでき、最短5分で登録が完了します。

まだ申し込んでいない方は、将来のためにもまずは口座を作っておきましょう!

 

TRY NOW

楽天証券公式サイトへ

 

それでは、ご覧ください。

 

投資信託のクレジットカード決済比較:ポイント還元率

 

まずは、投資信託をクレジットカード決済する時の目玉となる、ポイント還元率からご紹介します。

 

ポイント還元率

 

楽天証券 ・・・1%

tsumiki証券 ・・・0.1%~0.5%

 

楽天証券は購入月に1%の楽天スーパーポイントがもらえます。しかも期間限定ポイントではなく通常ポイントです。

つまり、もらったポイントで再度投資信託を購入することもできるということです。

 

対してtsumiki証券のポイント還元は、毎月ではなく購入し続けて1年経ったら保有している積み立て金額に対してエポスポイントがつきます。

ちょっとややこしいですね。。。

 

1年ごとにもらえるエポスポイントの割合は以下の通り。

  • 1年目は積み立て金額の0.1%
  • 2年目は0.2%
  • 3年目は0.3%
  • 4年目は0.4%
  • 5年目以降は0.5%

 

ポチのすけ
ポチのすけ
つまり、毎月積み立てをして5年経ってやっと楽天証券の半分のポイント還元率です。

しかも1年に1回なので、ありがたみを感じられない設計…

 

Tポイントやnanacoポイントなどを貯めている方ならわかると思いますが、ポイントはすぐにもらえないとポイントもらえるメリットなど忘れてしまいます。

ポイントもらえるのが1年後だと、いつもらえるのかさえ忘れてしまいます。

 

結果、ポイント還元率は楽天証券の圧勝ですね。

 

スポンサーリンク

投資信託のクレジットカード決済比較:購入金額範囲

 

つぎに、投資信託をクレジットカード決済する時の、毎月の購入金額の範囲を見てみましょう。

購入金額範囲

 

楽天証券 ・・・100円~50,000円

tsumiki証券 ・・・3,000円~50,000円

 

さすがにクレジットカード決済でポイントがつくだけあり、毎月無制限に買うことはできません。

毎月購入できる金額には上限があり、楽天証券・tsumiki証券ともに50,000円

上限は同じですが、楽天証券では月に100円から始められるのでスタートの敷居が低いのはメリットですね。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
毎月の購入上限が50,000円ということは、年間600,000円までクレジットカード決済ができるということです。

 

よって、1年間でもらえる最大ポイントは以下の通り。

楽天証券

・・・最大で年間6,000ポイント(楽天スーパーポイント)

 

tsumiki証券

・・・1年目は最大で年間600ポイント(エポスポイント)

5年目に最大で年間3,000ポイント(エポスポイント)

 

購入金額範囲では楽天証券の方が柔軟だと言えるでしょう

 

スポンサーリンク

投資信託のクレジットカード決済比較:投資信託種類

 

つぎは投資信託をクレジットカード決済する時の、購入できる投資信託の種類を見てみましょう。

投資信託種類

 

楽天証券 ・・・約2,500種類。現在取り扱っているものほぼすべてをカバー

tsumiki証券 ・・・4種類。

 

投資信託の購入で最も重要なのはどの投資信託を買うかです。

まず、買える投資信託の数では、約2,500種類ある楽天証券が圧倒しています。

そのため、選ぶものがなくて困るようなことはないでしょう。

 

もちろん、選べる投資信託の種類が多ければ必ずしも良いわけではありませんが、選べる投資信託の種類があまりに少ないと、欲しいものがなかった時かなり困ります。

 

実際、tsumiki証券の4種類は高コストの投資信託しかなく、まさに種類が少ないことが仇となってしまっています。

コストというのは手数料のことで、tsumiki証券の投資信託4種類は0.71%~1.55%のものになります。

現在の投資信託の主流が0.1%~0.3%で収まることを考えると、選ぶにはかなり厳しいですね。

 

今後、tsumiki証券が手数料の安い投資信託を追加していけば良いのですが、現時点での投資信託の種類は、勝負にならないほど楽天証券が圧倒しています。

 

スポンサーリンク

投資信託のクレジットカード決済比較:その他

 

投資信託をクレジットカード決済する時の、その他の特徴を見てみましょう。

まずは、運用した利益に税金がかからないお得な制度である、NISAやつみたてNISAへの対応について。

 

NISAやつみたてNISAへの対応

 

楽天証券・・・対応

tsumiki証券 ・・・つみたてNISAのみ対応

 

NISAやつみたてNISAへの対応は、ほぼ互角と言っていいでしょう。

NISAは5年間と投資できる期間が短く、複利効果を活かすのがやや難しいため、基本的にはつみたてNISAで良いと考えているためです。

 

次は、ポイントの利用制限があるかどうか。

ポイントの利用制限

 

楽天証券・・・制限なし。通常の楽天スーパーポイントのため。

tsumiki証券 ・・・制限なし。

 

楽天証券もtsumiki証券も、どちらも「このサービスにしか使えない」というようなポイントの制限はなく、通常のポイントなので安心です。

さきほどもお伝えしましたが、

エポスポイントは、支払いに対してもらえる通常のエポスポイントではなく、投資信託の積み立てを年間続けてもらえるボーナスのようなものです。

すぐにもらえるポイントではないため、ポイントをもらえる時をちゃんと把握していないと、忘れてしまうので注意しましょう。

 

その他のポイントでは、ほぼ互角ですが、楽天証券の方がすぐにポイントがつくため、柔軟性があって使いやすいでしょう。

 

投資信託のクレジットカード決済比較まとめ

 

さて、投資信託のクレジットカード決済について、楽天証券とtsumiki証券を比較してきました。

結論は、楽天証券一択です。

 

tsumiki証券に対する楽天証券の優位点は以下の通り。

楽天証券の優位点

 

  • ポイント還元率が1%(tsumiki証券は0.1~0.5%)
  • 購入金額は100~50,000円(tsumiki証券は3,000~50,000円)
  • 選べる投資信託の種類が約2,500(tsumiki証券は4種類)
  • つみたてNISAだけでなく、通常のNISA口座にも対応(tsumiki証券はつみたてNISAのみ)
  • ポイントはどちらも通常ポイントなので、利用制限なし(ただし、エポスポイントはすぐにもらえるポイントではない)

 

ここまで圧倒的な差があるため、クレジットカード決済で投資信託を買う場合は、楽天証券で楽天カードを使って買いましょう。

楽天カードは年会費無料・維持費無料で、ポイントも貯まりやすいので、この機会に作っておきましょう!!

TRY NOW

楽天カード公式サイトへ

 

また、投資信託のクレジットカード決済をする際は、楽天証券の申し込みも合わせて行いましょう。

楽天証券も楽天カードと同様、口座開設費無料・維持費無料・ネットで最短5分で申し込みが完結します。

まだ申し込んでいない方は、将来のためにもまずは口座を作っておきましょう!

TRY NOW

楽天証券公式サイトへ

 

あまりにも差がありすぎるため今回はこのような結果になりましたが、楽天証券1強の状態が続くと、急な制度改悪が起こる危険性もあるため、tsumiki証券をはじめ、他の証券会社の頑張りにも期待したいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

楽天カードで投資信託買うと楽天ポイントもらえる!メリットと注意点を押さえよう
楽天カードで投資信託買うと楽天ポイントもらえる!メリットと注意点を押さえよう【2019年8月15日更新】楽天カードを使って楽天証券で投資信託を買うと楽天ポイントがもらえます。 メリットや注意点、神仕様の使い方もご紹介! 是非、ご覧ください。...