転職で失敗しない方法

手に職をつけるための方法は2つ。学習と職場の紹介をもらうこと

手に職をつけるための方法は2つ。 学習と職場の紹介をもらうこと
手に職をつけたい人
手に職をつけたい人
手に職をつけるには、どうしたらいいんだろうか?まず何をしたらいいのかわからない。。。
ポチのすけ
ポチのすけ
手に職をつけるためには、とりあえずは仕事をすれば良さそうですけど、まず何からやったらいいのか悩みますよね。

 

ポチのすけは、手に職をつけた仕事をしているわけではありませんが、GEEK JOBの運営会社に話を聞いてみてわかった5つのメリットでお伝えしたように、手に職をつけたい人を支援する会社に行って、話を聞いてきたことで、手に職をつけるための方法がわかりました。

 

手に職をつけたいと考えた時、細かい方法は職業によって変わってきますが、大まかには

  • 学習すること
  • 職場を紹介してもらうこと

の2つになります。

 

本記事では、手に職をうけるための方法2つについて、掘り下げてご説明しつつ、手に職をつけるための具体的な方法についても紹介していきます。

それでは、ご覧ください。

 

手に職をつけるための2つの方法

手に職をつける方法

 

冒頭でもお伝えしていますが、手に職をつけるための2つの方法は、

  1. 学習すること
  2. 職場を紹介してもらうこと

の2つになります。

職業によって、多少は変わってきますが、基本的にはこの2つの方法になります。

 

方法①学習すること

 

手に職をつける時は、土台となる基礎が必要です。

「手に職をつけたい!」と考えた時に、スキルゼロの人をいきなり雇ってくれるところはあまりないと言っていいからです。

 

学習は、大きく分けると以下の2つです。

  1. 独学で学ぶ(本、Webサイト、動画などを利用)
  2. 学校で学ぶ(プログラミングスクール、塾、大学、専門学校などに通う)

 

学習方法は、免許が必要かどうかで分かれます。

 

免許が必要な調理師や美容師などは、学校に通うなどをして、免許を取ることが必要です。

そのため、数年間の学習期間が必要です。

 

逆にポチのすけに近いところで言うと、

ITエンジニアは基礎ができれば採用する企業がとても多いので、学校で学んでも独学で学んでもどちらでもよいです。

仕事を通じて覚えることも多いため、数年間の学習期間などは必要ありません。

 

事前にどのくらいの学習が必要なのかは、職業や免許が必要かどうかで変わってきますが、最近は多くの業界で人手不足になっており、基礎がわかればあとは仕事の中で覚えていくスタイルを取る職業も出てきているので、事前の情報収集は必須です。

手に職をつけたあとも、学習することは大切です。

なぜなら、新しい技術が出てきた時に、うまく使いこなすことも、生き残るためには必要になってくるからです。

 

そのため、常に世の中の動きにアンテナを張っておき、自分のスキルを伸ばしていくことが大切になってきます。

また実際に働いていると、理論上はうまくいくはずでも、イレギュラーが起きることがよくあるため、対応力も身につきます。

 

方法②職場を紹介してもらうこと

 

手に職をつけるためには、働ける職場に転職または就職することになりますが、大事なのは働ける職場を紹介してもらうことです。

 

自分のツテで何とかなるのであれば大丈夫ですが、多くの方にとっては、働ける職場を紹介してもらう必要があります。

専門学校などの学びの場であれば、就職・転職実績にもこだわっているため、手に職をつけるための働ける場所を紹介してくれます。

 

ポチのすけに近いところで言うと、ITエンジニアを目指すプログラミングスクールは、転職先の紹介や転職支援もしてくれますので、うまく利用することで手に職をつけるための働ける場所に転職することができます。

 

スポンサーリンク

手に職をつける方法2つはセットになっていると良い

セット

 

手に職をつけるための方法として、

  1. 学習すること
  2. 職場を紹介してもらうこと

の2つをお伝えしました。

 

この2つは、バラバラで行うと大変になるため、両方とも満たしている方法で手に職をつけるのが良いです。

 

いくら手に職をつけるための学習がきちんとできたとしても、働ける職場がないと、手に職がつきません。

逆に、職場を紹介してもらっても、基礎的なスキルがないと入社できないので、学習も必須です。

 

この2つをバラバラで行うと、スケジュール管理が結構大変なため、おすすめなのは、学習ができ、職場を紹介してくれる専門学校やスクールに行くことです。

 

専門学校やスクールは、学習と働ける職場の紹介のどちらもやっているので、すごく良いのですが、丸投げしてお任せしてしまうのはよくありません。

あくまで主役は自分です。

 

専門学校やスクール任せになりすぎると、自分から動く気持ちが薄れてしまうので、「自分の目的のためにうまく利用する」という考えのもと、学習や転職に励みましょう。

 

 

スポンサーリンク

手に職の仕事を選ぶ目安は2つ

目安

 

手に職をつけるための方法がわかったら、実際に行動していくわけですが、手に職を選ぶといってもたくさんの仕事があるため、自分に合う仕事を選ぶのが大切です。

 

手に職の仕事を選ぶ目安については2つあり、

  1. 自分がその仕事に興味があるか
  2. 今後伸びていく業界かどうか

になります。

 

詳しくは、以下の記事にて解説しています。

 

スポンサーリンク

手に職をつけるための具体的な方法:ITエンジニアの場合

ITエンジニアになる方法

 

手に職をつけるための具体的な方法として、ITエンジニアの場合は、以下の方法を取るのが、リスクが低くておすすめです。

 

無料のプログラミングスクールで基礎を学びつつ、今後のキャリア戦略を練って、ITエンジニアとして転職する。

 

プログラミングスクールは、プログラミングの基礎的なことを学べますし、社会人に必要なスキルまで学べるところもあります。

また、働ける職場を紹介してくれます。

 

学習と職場の紹介の両方を兼ねているので、効率も良いですし、GEEK JOB

は無料で学べて職場の紹介もしてくれるので、転職サポートまでしてくれます。

ポチのすけも、GEEK JOB

の運営会社を訪問して、色々と話を聞いてきましたので、自身を持っておすすめできるプログラミングスクールです。

 

 

また、ITエンジニアの場合、ITエンジニアになってからのキャリアを含めた3段階のおすすめプランもあります。

詳しくは、以下の記事で解説していますので、合わせてお読みください。

 

まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

手に職をつけるための2つの方法は以下になります。

  1. 学習すること
  2. 職場を紹介してもらうこと

この2つは、バラバラで行うと大変になるため、両方とも満たしている専門学校やスクールに行くことで手に職をつけるのが良いです。

 

手に職の仕事を選ぶ目安は2つあり、

  1. 自分がその仕事に興味があるか
  2. 今後伸びていく業界かどうか

です。

 

手に職をつけるための具体的な方法として、ITエンジニアの場合は、以下の方法を取るのが、リスクが低くておすすめです。

  • 無料のプログラミングスクールで基礎を学びつつ、今後のキャリア戦略を練って、ITエンジニアとして転職する。

 

良い専門学校やスクールに入って、うまく活用して手に職をつけましょう!