これからの働き方

手に職をつけたい時、資格は不要?本質は自分の価値を高めることです

手に職をつけたい時、資格は不要? 本質は自分の価値を高めることです
手に職をつけたい人
手に職をつけたい人
手に職をつけるためには、資格がないとダメなのかなあ。いわゆる「職人」は資格がいらないよう思えるけど。。
手に職をつけたい人
手に職をつけたい人
逆に、資格を取れば、手に職をつけているって言えるのかな?

というお悩みにお答えします。

 

手に職とまではいきませんが、営業を長年やっているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

また、会社では手に職の仕事であるITエンジニアと一緒に働いています。

 

「手に職をつけたい!」と考えた時、確かに資格が必要な仕事はあります。

例えば、

  • 調理師
  • 美容師

などは、免許という資格が必須。

また、資格取得自体は色んな所で勧められるので、資格取得に励む人は多いです。

とはいえ、資格がいらない仕事もあるので、資格を取った方がいいのかの判断は難しいですよね。

 

本記事では、手に職をつけるために

  • 資格についてどう考えるべきなのか
  • 本質である自分の価値を高めること

について解説していきます。

 

結論から言うと、資格の有無よりも、自分の価値を高めることがもっとも大切です。

資格は自分の価値を高めるための道具であったり、証拠として使うもの。

 

ぼくは資格に関して、独学で一生懸命勉強して、日商簿記2級やITパスポートの資格を一発で取得しました。

資格を取れば安心というよりも、自分のスキルアップのために勉強して取ったため、自分の身になっていると感じます。

それではご覧ください。

 

手に職をつけたい時に資格の有無は本質ではない

手に職をつけたい時に資格の有無は本質ではない

手に職をつけたい場合、資格の有無は本質ではありません。

 

確かに資格があった方が有利に働くことが多いですし、冒頭でもお伝えしていますが、手に職をつけたい時、仕事によってはそもそも資格が必要なものはあります。

  • 調理師
  • 美容師

などは免許という資格が必須。

 

しかし、手に職をつけるというのはスキルが最も大切です。

スキルは、必ずしも資格があるかどうかで判断されるものではありません。

未経験の人ではできないことを、一定基準以上で行えるのがスキル

 

そのスキルがあるかどうかが最も大切な判断基準になるため、資格があった方がスキルが身につくなら資格が必要です。

資格があってもなくてもよいのなら、特に資格は必要ないと言えます。

 

一般の人が禁止されていることを、免許を持っている人なら行うことができるというのが免許。

逆に言うと、免許がないのに行ってしまうと犯罪となってしまいます。

 

逆に、通常の資格は能力を判断する基準としてあるものです。

資格がなくても犯罪になるということはありません。

 

スポンサーリンク

手に職をつけたい時の本質は自分の価値を高めること

手に職をつけたい時の本質は自分の価値を高めること

手に職をつけたい時の本質は、自分の価値を高めることです。

 

自分の価値とは自分のスキルのレベルであり、スキルを発揮した結果としてできる成果

スキルを伸ばすことで、できることの幅が広がったり、仕事スピードが早くなったり、成果につながります。

結果として、手に職をつけて働いていけるということに。

 

先ほどもお伝えしましたが大切なことなので繰り返しお伝えすると、手に職をつける際に最も大切なのはスキルです。

スキルとは、未経験の人ではできないことを一定基準以上で行えること。

スキルは必ずしも資格があるかどうかで判断されるものではありません。

スキルレベルを上げるために、資格を取ることが一番なのであれば資格を取るのが正解。

また、資格を取ることがスキルレベルを上げることに関係がないのなら、特に取る必要がないと言えます。

 

このように書くと、

「資格なんてオワコン!」

「スキルアップが大事だ!」

と間違った意見がふえそうなので補足しておくと、資格が無意味だと言っているのではありません。

資格コレクターになるのはやめましょう、ということです。

 

資格コレクター
資格コレクター
俺は○○という資格も持ってるんだぜ~

というようなことは意味ないということ。

 

資格は取るのが大変なので、一生懸命勉強することが多いです。

一生懸命勉強することで、自分のスキルをさらに伸ばすことが可能。

その結果として取った資格は、自分のスキルを証明できる証拠にもなります。

 

取った資格を活かして仕事を行うことで、抜群の成果を出せるでしょう。

抜群の成果を出すことが自分の価値を高めます。

これが、本当の意味での手に職をつけるという本質です。

 

スポンサーリンク

資格で自分の価値を高めることの具体例

資格で自分の価値を高める

 

では、資格で自分の価値を高めることができるものとは、具体的にどのようなものがあるのか見てみましょう。

ポチのすけの場合

 

ぼくの例を挙げると、手に職とまではいきませんが、

  • 日商簿記2級
  • ITパスポート

を持っています。

 

日商簿記2級は、

企業の資産を示す貸借対照表や、売り上げや利益を示す損益計算書が読めるようになるので企業研究に役立ちますし、減価償却の概念などが学べます。

そのため、副業をやる時に大切な会計知識や、節税のための基礎知識が身につきます。

 

ITパスポートは、

IT知識を広く浅く身につけることができる国家資格。

仕事をする上でIT用語を理解する時などに役立っています。

どちらも、資格で自分の価値を高めています。

 

ITエンジニアの場合

 

ほかに、ぼくに近いところで例を挙げると、ITエンジニアに役立つ資格もご紹介します。

国家資格であり、IPAと呼ばれる「独立行政法人情報処理推進機構」が試験を行っています。

 

ITエンジニアにおすすめの資格

 

ITパスポートがレベル1となっており、レベル4まであります。

レベル1:ITパスポート

レベル2:基本情報技術者

レベル3:応用情報技術者

レベル4:エンジニア関連と、現場を束ねるマネージャ関連の資格があります。

 

エンジニア関連

  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • エンベデッドシステムスペシャリスト
  • システムアーキテクト

 

マネージャ関連

  • ITストラテジスト
  • システム監査技術者
  • ITサービスマネージャ
  • プロジェクトマネージャ

 

 

その他おすすめの資格

 

  • PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)
  • ORACLE MASTER(オラクルマスター)
  • Microsoft Azure(マイクロソフトアジュール)
  • 日商簿記1級

 

それぞれの内容については、以下の記事で紹介しています。

ITエンジニアにおすすめの国家資格の詳細記事はこちら

エンジニアにIT資格はいらない?取っても役に立たない⁈業界で働くぼくが実情を解説
エンジニアにIT資格はいらない?取っても役に立たない⁈業界で働くぼくが実情を解説ITエンジニアは資格なんかよりも現場の経験が大事なんじゃないか?と考える方も多いため、エンジニアにIT資格はいらないのでは?IT資格を取っても役に立たないんじゃないか?と思われることも多いです。 本記事では、IT業界でITエンジニアと一緒に働いているぼくが、IT資格の実情をご紹介します。...

 

スポンサーリンク

手に職をつけたい時の資格まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

手に職をつけたい時、スキルが最も大切

スキルは、未経験の人ではできないことを、一定基準以上で行えるものになります。

必ずしも資格があるかどうかで判断されるものではありません。

 

手に職をつける本質は、

「自分のスキルを伸ばして抜群の成果を出し、自分の価値を高めること」

です。

 

あくまで資格は、

  • 自分の価値を高めるための道具
  • 自分のスキルを証明できる証拠

として使うことで意味を持ちます。

資格コレクターにならないように気をつけましょう。

 

自分の価値を高める資格の具体例として、以下のようなものがあります。

  • 日商簿記2級
  • ITパスポート

 

ITエンジニアの場合は、以下になります。

  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • エンベデッドシステムスペシャリスト
  • システムアーキテクト
  • ITストラテジスト
  • システム監査技術者
  • ITサービスマネージャ
  • プロジェクトマネージャ
  • PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)
  • ORACLE MASTER(オラクルマスター)
  • Microsoft Azure(マイクロソフトアジュール)
  • 日商簿記1級

 

手に職をつけるかどうかに関わらず、資格を取るべきか悩んでいる方は、自分の価値を高めるための手段として検討してみて下さい。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

ITエンジニアにおすすめの国家資格の詳細記事はこちら

エンジニアにIT資格はいらない?取っても役に立たない⁈業界で働くぼくが実情を解説
エンジニアにIT資格はいらない?取っても役に立たない⁈業界で働くぼくが実情を解説ITエンジニアは資格なんかよりも現場の経験が大事なんじゃないか?と考える方も多いため、エンジニアにIT資格はいらないのでは?IT資格を取っても役に立たないんじゃないか?と思われることも多いです。 本記事では、IT業界でITエンジニアと一緒に働いているぼくが、IT資格の実情をご紹介します。...

 

ITエンジニアの詳細記事はこちら

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は、是非ご覧ください。...

 

手に職をつけたい20代女性向けの長く続けられる仕事の選び方の詳細記事はこちら

【これがおすすめ】手に職をつけたい20代女性向けの長く続けられる仕事の選び方
【これがおすすめ】手に職をつけたい20代女性向けの長く続けられる仕事の選び方将来が不安な20代女性が「手に職をつけたい!」と考えた時に、結婚後も長く働くための仕事の選び方と、おすすめの仕事について、女性が働きやすい会社にいる経験から解説しています。営業職、内勤職、接客業、事務職、派遣社員、フリーターと様々な立場の方に通じる内容になっています。...

 

手に職をつけたい30代・40代女性におすすめの仕事についての詳細記事はこちら

【IT一択】手に職をつけたい30代・40代女性が一生出来るおすすめの仕事
【IT一択】手に職をつけたい30代・40代女性が一生出来るおすすめの仕事「いつリストラに遭うかわからなくて不安だから手に職をつけたい」「30代~40代女性が今からでも手に職をつけられるものなの?20代の若手じゃなく、30代~40代女性向けおすすめの手に職を知りたい」というお悩みについて、解説しています。30代~40代の女性が手に職をつける方法と、おすすめの手に職つける仕事がわかります。...

 

手に職をつけたい20代・30代男性向けおすすめの仕事と手に職つける方法についての詳細記事はこちら

【時代はIT】手に職をつけたい20代・30代男性におすすめの仕事と手に職つける方法を紹介
【時代はIT】手に職をつけたい20代・30代男性におすすめの仕事と手に職つける方法を紹介「いつリストラに遭うかわからないから、食いっぱぐれることがないように手に職をつけておきたい」「今の仕事を続けるのが不安だから手に職をつけたいけど、どういう仕事がおすすめなのかわからない」「今まで専門的に学んだことがないから、今からでも手に職をつけられるの?」というお悩みを持っている20代~30代の男性向けに、手に職をつける方法とおすすめの仕事について、解説しています。...

 

仕事がつまらないのは当たり前?これからの働き方についてまとめた詳細記事はこちら

仕事がつまらないのは当たり前?内容によってはマジで楽しくないのですぐに動こう
仕事がつまらないのは当たり前?内容によってはマジで楽しくないのですぐに動こう「毎日の仕事がつまらない。。これって当たり前なの?」「仕事がつまらないという理由で辞めていい?」「そもそも楽しい仕事なんてあるの?」というお悩みについて解説しています。 仕事を楽しくする様々な方法も紹介しています。...