仕事について紹介

お店を回る営業のメリット・デメリットについて。担当地域を駆けずり回ったぼくの体験談

お店を回る営業のメリット・デメリットについて。担当地域を駆けずり回ったぼくの体験談
お店を回る営業に興味ある人
お店を回る営業に興味ある人
お店で使うサービスを提案するのって面白そう。お店を回る営業ってメリット多いの?
お店を回る営業に興味ある人
お店を回る営業に興味ある人
お店に営業するのって結構大変そうだけど、実際はどうなんだろう?
ポチのすけ
ポチのすけ
お店で働くのではなく、お店を回る営業ってメリット・デメリットの両方を聞きますよね。

 

社会人になって2社目で、お店を回る営業をやっていたポチのすけ(@pochinosuke1)です。

たくさんの商品を提案していたので、色々と知ることができました。

 

お店を回る営業というのは、町にあるチェーン店や個人のお店に対して、店の運営のために使う商品やサービスを提案する仕事です。

具体的には、以下のような商品やサービスを提案します。

  • 光回線
  • プロバイダー
  • Wi-Fi
  • レジ
  • ネット広告
  • 監視カメラ

など。

 

本記事では、

お店を回る営業のメリット・デメリットを紹介していきます。

 

結論から言うと、お店を回る営業は幅広い営業スタイルを身につけたい人にとって、おすすめの仕事です!

 

もちろん興味があるかが大事なので、本記事を参考に具体的に検討いただければと思います。

それでは、ご覧ください。

 

▼お店を回る営業への転職はこちらから!

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

お店を回る営業のメリット

メリット

 

お店を回る営業のメリットは、つぎの3つです。

  1. 幅広い営業スタイルを学べる
  2. 断られたところから契約まで持っていくスキルが身につく
  3. 扱う商品がどんどん増えていくので、様々な知識が身につく

 

メリット①幅広い営業スタイルを学べる

お店を回る営業で得られる1つ目のメリットは、幅広い営業スタイルを学べることです。

 

お店を回る営業では、以下のような様々な営業を行って契約を取っていきます。

  • 飛び込み営業
  • テレアポ
  • 紹介
  • 反響営業

など。

 

そのため、幅広い営業スタイルを学ぶことができます。

 

営業スタイルについて、簡単に分けておくと、

  • 自分から仕掛けるプッシュ営業
  • 向こうから連絡が来るプル営業

があります。

 

それぞれ、以下に分類されます。

プッシュ営業

 

  • 飛び込み営業
  • テレアポ

 

プル営業

 

  • 紹介
  • 反響営業

 

それぞれ良しあしがあり、求められるスキルが違いますし、お客さんによっても使い分けが必要です。

そのため、色んな営業スタイルを学べることは、自分のキャリアにとって大きな財産になるのです。

 

メリット②断られたところから契約まで持っていくスキルが身につく

お店を回る営業は、断られたところから契約まで持っていくスキルが身につきます。

 

お店を回る営業では、飛び込み営業やテレアポなどのプッシュ営業による新規開拓がメインになるため、断られることが多いです。

ただし、話の進め方次第で、断られたところから契約まで持っていけるケースもあります。

 

AがダメでもBという商品なら、興味を引くことができるといった形です。

 

繰り返し経験を積んで鍛えることで、一度断られても、お客さんへ必要な商品を提案して、契約まで持っていくスキルを身につけることができます。

 

メリット③扱う商品がどんどん増えていくので、様々な知識が身につく

お店を回る営業は、お店が求めるサービスが年々増えていっていることもあり、扱う商品がどんどん増えていきます。

そのため、様々な商品の知識が身につきます。

 

お店を取り巻く競争が激化していることが背景にありますが、どの会社も1つの商品だけで勝つのは難しくなっています。

そのため、様々な商品を使って、お店のオーナーさんに自分を選んでもらう必要があります。

 

ぼくがいた会社も、何でも屋のようになっており、光回線などのネットだけでなく、店舗のタブレットレジを販売したり、ネット広告や監視カメラなども販売していました。

覚えるのは大変でしたが、そのおかげで色んな商品の知識が身につきました。

 

店舗に提案する商品は、光回線やモバイルルーターなど、自分たちの生活でも使うサービスも多々あるため、個人で契約する時に損しない選び方もできるようになります。

 

例えば、

光回線は、マンションと戸建てで料金が違ってくる点を知ることができました。

また、NTTが光回線を通信事業者に卸したことで、光コラボでどのようなところが得なのかの仕組みもわかりました。

 

また、電力自由化に伴い、電力会社の代理店としても営業をしたことがあります。

検針票の見方や、電力自由化の仕組みを仕事を通じて学ぶことができたので、知識がとても役に立っています。

 

スポンサーリンク

お店を回る営業のデメリット

デメリット

お店を回る営業のデメリットは以下の3つになります。

  1. 仕事量が多いわりに年収が低い
  2. 新規開拓営業がメインのため、向いてない人には地獄
  3. 業務に非効率な部分が多く、長時間労働になりがち

 

デメリット①仕事量が多いわりに年収が低い

お店を回る営業の最大のデメリットは、仕事量が多いわりに年収が低いことです。

 

お店を回る営業は、担当する店舗の数が多く、業務量が増えがちです。

また、手離れが悪い商品もあり、どうしても仕事量が増えがちです。

それで、年収が高ければまだ救われるのですが、年収は低く、また上がりづらいため、なかなかしんどいものがあります。

 

デメリット②新規開拓営業がメインのため、向いてない人には地獄

お店を回る営業は、性質的に飛び込み営業などの新規開拓がメインになるため、メンタルが重要です。

断られることが多く、豆腐メンタルの方にとってはつらい仕事になります。

 

ただし、メンタルが弱くても一生懸命仕事をすることで、ぼくのようにメンタルが強くなるケースもあります。

そのため、メンタルが弱い方でも、一種の修行だと思って期間を決めて取り組むのはアリです。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくは、飛び込み営業を通してメンタルが強くなりました。

 

期間を決めて取り組むのであれば、良い修行になります。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

訪問販売のメリットの詳細記事はこちら

訪問販売のメリット3つ。シャイなメンタルでもアクティブになれる!
訪問販売のメリット3つ。シャイなメンタルでもアクティブになれる!気嫌いされがちな訪問販売のメリットを紹介しています。ぼく自身の体験から、人が変われるほどアクティブになれるメリットと、それに伴うデメリットを紹介しています。 自分を変えたい方は、ぜひご覧ください。...

 

デメリット③業務に非効率な部分が多く、長時間労働になりがち

お店を回る営業は業務に色んなサービスを使って効率化を図っていましたが、大きな会社だっとこともあり、まだまだ非効率な仕事が多いです。

 

例えば、稟議書作成や、集金で訪問などです。

 

稟議書作成などは、そこそこ時間を食う割に、絶対に通さなくてはいけないため、非効率でした。

後付けの稟議書ばかりで、絶対に承認するのがわかっていても、架空の物語を考えて作成する必要があり、無駄でしかないと感じていました。

 

また、今の時代とは逆行していますが、昔のお客さんに対しては、代金の回収が集金になっており、わざわざ訪問してお金を回収したりしていました。

キャバクラなどは夜遅い時間でないと空いていなかったりするので、19時アポ、20時アポも多発しており、長時間労働になったため、かなり大変でした。

 

スポンサーリンク

お店を回る営業はこんな人におすすめ!

おすすめ

お店を回る営業は、

  • 良いお店作りに携わりたい人
  • 幅広い営業スタイルを学びたい人
  • 断られたところから契約まで持っていく営業スキルを身につけたい人
  • 様々な商品知識を身につけたい人

にとって、とても向いているのでおすすめの仕事です。

 

仕事の内容や年収については、以下の記事でも紹介していますので、合わせてご覧ください。

お店を回る営業の仕事内容の詳細記事はこちら

お店を回る営業ってどんな仕事?内容~休日までをぼくの勤務経験から紹介
お店を回る営業ってどんな仕事?内容~休日までをぼくの勤務経験から紹介お店を回る営業の仕事内容や、勤務時間、休日まで、実際に体験したことを紹介します。 お店に対して商品を提案することに興味がある方は、是非ご覧ください。...

 

お店を回る営業の年収についての詳細記事はこちら

お店を回る営業の年収について。担当エリアを訪問しまくったぼくの体験談
お店を回る営業の年収について。担当エリアを訪問しまくったぼくの体験談お店を回る営業の年収やメリット・デメリット・身につくスキル・やりがいなど、実際に体験したことを紹介します。 お店に営業する仕事に興味がある方は、是非ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

お店を回る営業の仕事に就職する方法

就職する方法

 

お店を回る営業の仕事に就職する方法は、

以下の3つ。

 

ちなみに、転職サイト転職エージェントの使い方として、おすすめの進め方は以下の通り。

おすすめの転職の進め方

  • 転職サイトを使って求人検索 ⇒ 良いと思った企業を転職エージェント経由で応募
  • 転職エージェントから紹介してもらう ⇒ 良いと思った企業を転職エージェントの依頼して応募

 

転職サイト転職エージェントも、両方使うのがベストではありますが、転職時には両方とも使う時間がないこともあると思うので、少なくとも転職エージェントは利用しましょう。

 

おすすめは、多くの求人をカバーしているdodaです。

お店を回る営業の場合、dodaであれば求人も多いため、見つけやすくなっています。

求人状況は刻一刻と変わるので、興味があれば最新情報を仕入れるためにも、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

dodaがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

転職エージェントのおすすめ2つ!僕が3回の転職で使って本当に良かったものを紹介
転職エージェントのおすすめ2つ!僕が3回の転職で使って本当に良かったものを紹介【2019年10月22日更新】転職エージェントを選ぶ時、3回の転職で実際に利用した経験から、使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。 業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...

 

また、合わせて、絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

ホームページや求人情報だけでは、ブラック企業かどうか判断することが難しいためです。

可能であれば応募する企業は、一度口コミを確認しましょう。

※時間がなくて厳しい時は、少なくとも書類が通った企業については、面接前に口コミを確認する形で対応しましょう。

 

口コミを利用した会社の探し方については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

口コミを使った会社の探し方。今よりいいところを見つけよう!
口コミを使った会社の探し方。今よりいいところを見つけよう!【2019年10月23日更新】口コミを利用した会社の探し方を紹介しています。 転職で失敗しないために、口コミの利用は必須だど考えており、ぼくが使っていた口コミサイトもお伝えしています。 是非、ご覧ください。...

 

お店を回る営業のメリット・デメリットまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

お店を回る営業は、幅広い営業スタイルを身につけたい人にとって、おすすめの仕事です!

お店を回る営業のメリットは、つぎの3つ。

  1. 幅広い営業スタイルを学べる
  2. 断られたところから契約まで持っていくスキルが身につく
  3. 扱う商品がどんどん増えていくので、様々な知識が身につく

 

お店を回る営業のデメリットは以下の3つになります。

  1. 仕事量が多いわりに年収が低い
  2. 新規開拓営業がメインのため、向いてない人には地獄
  3. 業務に非効率な部分が多く、長時間労働になりがち

 

お店を回る営業に興味がある人にとって、参考になれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

お店を回る営業の仕事内容の詳細記事はこちら

お店を回る営業ってどんな仕事?内容~休日までをぼくの勤務経験から紹介
お店を回る営業ってどんな仕事?内容~休日までをぼくの勤務経験から紹介お店を回る営業の仕事内容や、勤務時間、休日まで、実際に体験したことを紹介します。 お店に対して商品を提案することに興味がある方は、是非ご覧ください。...

 

お店を回る営業の年収についての詳細記事はこちら

お店を回る営業の年収について。担当エリアを訪問しまくったぼくの体験談
お店を回る営業の年収について。担当エリアを訪問しまくったぼくの体験談お店を回る営業の年収やメリット・デメリット・身につくスキル・やりがいなど、実際に体験したことを紹介します。 お店に営業する仕事に興味がある方は、是非ご覧ください。...