資産運用 用語

複利とは?

複利とは?

複利とは、運用して得た利益を投資元本に加えて運用することで、投資元本をふやしていくことです。

かのアインシュタインが、「人類最大の発見は複利」だというほどの絶大な効果なのです!

 

反対に単利があります。

単利とは、運用して得た利益を元本に加えないため、元本額は変わらない形で運用する利益です。

 

100万円を5%の利回りで運用する場合
  • 5万円の利益が出るため、元本100万円と合わせて105万円になります。

単利の場合

5万円の利益をもらえますが、2年目以降もずっと元本100万円のまま、運用し続けることになります。

5%の利回りで運用し続けると、3年後は利益15万円です。

20年後だと、利益100万円です。

 

複利の場合

1年目に5万円の利益が出たら、2年目は元本に利益を加えて105万円で運用します。

5%の利回りで運用し続けると、2年目は105万円の5%となるため、10万2,500円の利益です。

3年目は10万2,500円の利益を元本に加えて110万2,500円を5%で運用するので、15万7,625円の利益になります。

単利に対して、3年目で7,625円の利益が出ています。

「たったこれだけかよ」と思うかもしれませんが、複利の力は時間をかければかけるほど雪だるま式に利益がふくれ上がるので、複利で運用すると20年後は165万3,297円の利益が出るまでに膨れ上がります。

 

単利と比べ、100万円を運用するだけでこれだけの差が出るのです。

複利の力を活かすと、長期運用を続けていくことで、どんどん資産が膨れ上がります。

複利の計算式:b=a(1+r)ⁿ

aは元本、rは年利率(利回り)、nは年数、bn年経過時の金額です。