資産運用の考え方

100万円貯まったらどこで運用する?初心者が陥りやすい注意点

100万円貯まったらどこで運用する?初心者が陥りやすい注意点

「100万円貯まったら資産運用をしましょう」

「ここに預けるとお金をふやしやすいですよ」

 

このような情報がよくネットには出ています。

ここで注意すべきなのは、100万円を運用するだけで利益を出すのは上級者向けだということです。

 

1~2年だけで利益が出るか判断する場合なら、運が良ければ利益を出すことも可能でしょう。

しかし、資産運用は基本的に長期運用を行うことで資産をふやしていくのが王道のため、長い間、100万円を運用するだけで利益を出すのは初心者には難しい方法です。

 

また、100万円を運用するだけでは、そこまで大きな利益が得られません。

なぜなら資産運用は、数倍~数百倍を狙うものではなく、5%前後の利回りを狙うべきものだからです。

 

 

そのため前提として、『100万円だけを運用してお金をふやす!』という考え方ではなく、100万円はあくまで投資するためのスタートラインと考え、100万円だけでなく、普段の収入から運用に回せるお金を積み立てながら、お金をふやしていくという考え方で運用するのが大事です。

 

サラリーマン
サラリーマン
いやいや、全資産を日本円だけで持っているのは、インフレとかを考えるとリスク高いから、資産を守るためにとりあえず金融商品を買うんだよ

という方もいるかもしれません。

 

その場合でも、金融商品を一括で買ってそのままにするのではなく、複数回に分けて積み立てるように購入しながら運用しましょう。

 

それでは、具体的に何をしていけばいいのか、一緒に見ていきましょう。

 

100万円が貯まったら、まずやるべきこと

 

100万円が貯まったら、生活で使う予定の費用を計算して、それ以外は投資用のお金として確保しましょう。

資産運用で買う投資信託やETFなどの金融商品は、値上がりすることもあれば、値下がりすることもあります。

貯めた100万円は、本当にぜんぶ資産運用に回して大丈夫ですか?

生活費や今後に使う予定があるお金であれば、その分を差し引いて運用しましょう。

 

資産運用は余剰資金で行うのが基本です。

最悪の場合、ゼロになっても生活に支障が出ない範囲で行いましょう。

 

スポンサーリンク

投資用のお金を確保したら

 

たとえば100万円を投資用にまるまる使えるとしても、投資信託やETFを一気に買うのではなく、毎月決まった額を淡々と購入しましょう。

いわゆるドルコスト平均法と言われる手法です。

なぜ毎月決まった額を購入し続ける方が良いかというと、つぎの3つのポイントがあるからです。

 

  1. 選んだ商品が値下がりしたとしても、同じ額で多くの数を買えるため、価格の下落もプラスにとらえられる(狼狽しない)。
  2. 買った時が高値でも、値下りしたタイミングで購入する資金がある。
  3. やることは機械的に決まった額を買うだけなので、相場に振り回されない。

 

何年も運用していて、値下がり値上がりが予測できるプロの方や上級者の方は、

「安いタイミングで一度に金融商品を買う」

 「値上がりしたら売却して利益を出す」

ということが可能ですが、ポチのすけのような初心者がそれをやると、よほど運が良くないと損して終わりです。

つまり初心者は、

  • いつ買えばいいのか
  • いつ売ればいいのか

がわかりません。

 

そのため、タイミングを見計らっているといつまで経っても資産運用が始められません。

初心者が資産運用を始めるタイミングは、やろうと決めた今がベストです。

 

「買ってすぐに値下がりしたらいやだな。。。」

と思っているあなたこそ、毎月決まった額をコツコツと積み立てるように購入しましょう。

 

毎月決まった額を買うのなら、買った時が高値であっても、値下りした時には買い増して数をふやすチャンスになるので、値下がりもプラスにとらえられるようになり、狼狽することがなくなります。

 

また、最初に投資用のお金で一気に投資信託などを買ってしまうと、値下りした時に手元にお金がなく、利益が減るのを指をくわえて見ているだけになってしまいます。

一度に金融商品を買わなければ、タイミング悪く高値で買ってしまっても、値下りしたタイミングで買うためのお金が残っています。

 

そして何よりも大きなメリットが、

  • いつ買えばいいのか
  • いつ売ればいいのか

を気にすることなく、相場に振り回されない人生を送れることです。

 

値段が上下する時のリスクを下げるために、コツコツ積み立てながら運用しましょう。

100万円で投資信託を一気に買うのではなく、たとえば月5万円ずつ購入しながらコツコツ積み立てて、100万円分を使い切ったら、普段の給料の余剰資金を使って無理ない範囲で、コツコツ積み立てましょう。

 

スポンサーリンク

では、具体的にどれを買うのがオススメか?

 

金融商品は、定期預金や外国通貨、国債、それぞれの企業の株、投資信託、ETFなどさまざまな種類があります。

リスクとリターンのイメージはつぎの形になります。

資産運用種類別のリスクとリターン

 

ポチのすけがおすすめするのは、ミドルリスク・ミドルリターンの投資信託やETFになります。

長期運用でお金をふやしていくため、値下りするリスクは時間が和らげてくれます。

(ここでいう長期運用とは20年~40年スパンのことです。)

 

一度、投資信託やETFを買って塩漬けにするのではなく、あくまで資産運用のスタートとして、長期的に買い続けてお金をふやすことが目的だからです。

国債や定期預金ではなく、投資信託、ETFを買ってお金をふやす足がかりにしましょう。

 

その中で、どの商品を買えばいいかというと、インデックス投資と呼ばれる、市場の平均値を目指す商品を選びましょう。

アクティブ投資は初心者には難しく、また長期的には、ほとんどがインデックス投資の成績を下回るからです。

おすすめ商品はというと、VTIやS&P500などのアメリカ株全体に投資する商品です。

 

ちなみに

VTI・・・中小企業含めアメリカ株全体に分散投資ができます。

S&P500・・・アメリカの大企業500社の株に対して分散投資ができます。

 

100年に一度と言われる、リーマンショックからも立ち直っているアメリカ株全体に投資できる商品を、淡々と買っていくのが一番リスクを抑えつつ、利回りの良い方法でしょう。

 

アメリカの個別企業の株を買う(Appleの株やGoogleの株を買う)となると、どの企業が伸びていくのか初心者には判断が難しいですが、アメリカ株全体に投資できるVTIやS&P500などであれば、複雑に考える必要がないのでオススメです。

 

 

SBI証券や、楽天証券などのネット証券なら、手数料も低く良い商品が揃っているのでオススメです。

SBI証券や楽天証券の口座開設費や維持費は無料で、最短5分で口座開設は終わります。

作っておいて損しないものなので、この機会に作っておきましょう。

TRY NOW

楽天証券公式サイトへ

 

TRY NOW

SBI証券公式サイトへ

 

 

また、iDeCo(イデコ)やつみたてNISA(ニーサ)をまだやっていないという場合は、利益に税金がかからない非常にお得な制度のため、この機会に是非フル活用しましょう!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

100万円が貯まったら、どこで運用するべきか?についてまとめます。

 

  • 100万円が貯まったら100万円だけを運用するのではなく、あくまで100万円はスタートで、普段からコツコツ積み立てて資産運用を行いましょう。
  • 100万円を本当にぜんぶ資産運用に回して大丈夫なのか確認してから運用しましょう。
  • 100万円を運用する場合、一括で金融商品を買うのではなく、リスクを減らすためにも複数回に分けて購入しましょう。コツコツ積み立てる形になります。
  • 購入商品はミドルリスク・ミドルリターンの投資信託やETFにしましょう。具体的にはアメリカ全体に投資できるVTIやS&P500がよいです。
  • iDeCo(イデコ)やつみたてNISA(ニーサ)をやっていないのなら、非常にお得な制度のため、この機会にフル活用しましょう。

 

今回は100万円について書きましたが、これは1,000万円であっても1億円であっても同様です。

一度に購入するのではなく、積み立てるように複数回に分けてリスクを減らしながら運用しましょう。